陶芸日誌(5〜6月編)

5月11日(月) “粘土採取スタート”

玉庭地区の派遣活動が金曜(5月8日)から開始しました。
山へ分け入って粘土を採取。
私が採った土は石ころだらけなので先ずは水簸(すいひ)しています。
手で取れる大きな石ころは取り除きました。
うまく粘土になるといいですね。

tougei1-1 tougei1-7

 

 

 

 

 

5月11日(月) “粘土作り①”

粘土になりそうな土の塊も丁寧に潰してきな粉のように。

水を混ぜて寝かせて陶器になるかテストする予定。

地道な作業です。風がなく今日は作業日和。

tougei2-1 tougei2-4

 

6月2日(火) “粘土作り②”

今日は根気を出して頑張ったー!アイスが旨い。

tougei3-1

 

6月17日(水) “新緑に囲まれて”

玉庭特産品づくり、今日は粘土がある場所教えるよーと言う事で気持ち良さげに走る

バイクに先導されながら山へ。

お蔭様で凄く良い粘土獲れました。更にもっと良い粘土ポイントもあるらしい。

若葉の美しい季節。
山形の緑は素晴らしい。


熊に会うのは怖いけれど、山や自然と触れ合うのは幸せです。

突然お邪魔したにも関わらず快くご案内して下さりありがとうございました!

tougei4-1 tougei4-3

 

6月18日(木) “歴史を感じる”

下小松古墳群と同じ丘陵地の粘土がある場所へ。またまた違った雰囲気の粘土が
取れてテストするのが楽しみです。
こちらに住み始めてからずっと気になっていた川西町埋蔵文化資料館へ。
発掘された生の文化財に直に触れる機会はなかなか無い経験で緊張と興奮で
ブルブルしました。今秋には窯跡の発掘も有るそうで今からワクワク。
毎日、沢山の方々にお世話になりながらこちらで暮らして丁度半年。
この地との出会いと、この土地の方々との出会いに感謝する毎日です。

tougei5-1

tougei5-2

 

6月22日(月) “楽焼用簡易窯の試作①”

陶芸教室で使う楽焼用簡易窯の試作をしています。
電動ドリルでネジ穴を開け、金属鋏で切り抜いて仮組み立て。
まだまだ完成までは行きませんがなんとなく形になってきました。
慣れない金属鋏は手が痛くなります。

tougei6-2 tougei6-3

 

6月25日(木) “楽焼用簡易窯の試作②”

アメリカン楽焼 ステファン流の簡易窯製作。
ステンレスのカットに手こずりようやく形に。
あとは、防熱用の分厚いブランケットをカットして、留め金と
ステンレス針金を使用し固定します。
身体に悪い繊維なのでマスクとゴーグル必須です。

tougei7-1 tougei7-5

 

 

 

 

6月26日(金) “四方山館で特産品づくり”

玉庭の土を利用した特産品製作。一回目のテストピースづくり。
まずは玉庭の土100%の土での試作。
今回は土がきちんと焼けるか分からないという事もあり少人数で。
これから上手くゆけば地区の方々にも気軽に参加して頂ける形で
開催出来るようにして行きたいです。
土は何を作る訳で無くても癒されるので皆様に楽しんで感じて頂ければと思います。

tougei8-1 tougei8-2

 

【長岡未実・長岡義和】


・陶芸日誌(7月編)はコチラから

・陶芸日誌(8月編)はコチラから

・陶芸日誌(9月編)はコチラから

・陶芸日誌(10月編)はコチラから


▼ちまるデザイン室のFacebookはこちら

FB_FindUsOnFacebook-320

他にもたくさんの写真や情報を掲載していますのでぜひご覧下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA