空き家再生プロジェクト実施中!

空き家再生プロジェクトについて

空き家改修の目的

都会から田舎に飛び込んだ僕たち地域おこし協力隊。「田舎には何もない」と地元の方々は口を揃えて言うけれど、自分たちから見たら宝物がたくさんあるように思います。

空き家もその1つ。地元の方から見たら頭を抱える問題の空き家も、リノベーションが行える自由がある宝物。今回、様々な方の協力を頂き、空き家を借りることができました。

空き家の改修を通して、地元と都会の方々との交流の場・遊び場をみんなで作って行ければと思います。

 

空き家改修に至るまで 〜2014年12月中旬〜
玉庭のラーメン屋にてお昼ごはん。地域の特産品(むくりブナ)を製造しているおばあちゃんと相席になる。

hujiya (1)

※お…おばあちゃん、協…協力隊員

お:「地域おこし協力隊って何をしているのか?何がしたいのか?」
協:「空き家を探しています」
お:「空き家を探して何をするのか?」
協:「都会の人が気軽に来れる場を作りたくて、そこで地域の人との関わりがあるような場所なんかに出来れば…」
お:「住むのか?」
協:「その可能性も考えています」
お:「じゃあ、あそこの空き家があるから、持ち主に電話してやる。」

 

〜その場で電話して、使用の許可を得る〜

 

物件を見に行くと…

家は雪に埋もれ、中は物があふれている状態だったが、巡り合わせを大切にしたいと思い交渉を進める。6月から作業開始。

project0-1 project0-2

 


第1弾 家の中クリーン大作戦!(6月13日)

【参加者:県内外の大学生、川西・米沢の協力隊、東京、町内有志 等…】
昨冬途方にくれた物件…。まさか一日でここまで片付くとは…‼︎ 想いを共有する仲間に感謝の日でした。

 

・空き家内の掃除、家財道具の運び出しと分別。夜は熊鍋を食べながら交流会。

project1-1 project1-5 project1-11 project1-12

 

第2弾 天井、トイレの改修作業(8月22〜23日)

【参加者:東京、宮城、大学生、川西・長井市の協力隊、町内有志 等…】

・天井、新建材の撤去の班、トイレの掃除と庭の草刈り作業の班に分かれて作業。
・外壁材として使用される焼杉の体験も行いました。

project2-2

project2-20project2-21

 

・夜は玉庭おもいで館(旧置賜農業高校玉庭分校)にて交流会。
・地元の方々から野菜・果物など差し入れを多くいただき、手作りのピザとともに美味しくいただきました。ありがとうございました!!

project2-14project2-1

 

第3弾 梁のスス落とし・床張り(9月21〜23日)

【参加者:福井県キャラバン隊、大学生、川西・長井の協力隊、町内有志 等…】

福井県南越前町のキャラバン隊(Round Trip)メンバーも参加。

project3-14project3-21

 

・1日目は天井付近の梁にたまったスス落とし。2日目からはキャラバン隊が加わって床張り作業。
 キャラバン隊内にいる『全国床張り協会員』指導のもと作業は進みます。みるみる再生されていきます。

project3-120project3-22

project3-10

project3-18

・交流会では今回も地元の方々から多くの野菜・米・お肉の差し入れをいただき、美味しくいただきました!ありがとうございました!!
 2日目は古民家の囲炉裏を囲んで交流会。鍋を囲みながら空き家活用についての意見・情報交換を行いました!

project3-19 project3-12

 

次回は11月に開催予定!

DIY好きの方の参加をお待ちしております!!

 


空き家改修を進めていく中で

地域の人の反応
・玉庭に若い人が来てくれるのはありがたい。(年配の方より)
今の空き家改修の意味付け
・地域外の人たちが空き家改修をきっかけに玉庭に来てくれる。
・そのきっかけで川西の人たちや自然・食に触れて川西町の良さを知ってもらえる。

【柚木大祐・江本一宏】


↓ちまるFacebookはこちらから↓

FB_FindUsOnFacebook-320

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA