新米猟師、誕生!

平成28年度のちまるデザイン室は皆2年目以降の隊員でスタートします。

各隊員、定住に向けた活動(修業ともいう)が活発になっています。

定住に向けた活動の一つ、各隊員の生業づくり活動を紹介します。

今回は狩猟編です。

 

【狩猟】

長岡義和・江本一宏・柚木大祐

 平成27年4月から狩猟免許取得・銃砲所持許可申請を行ってきました。そして、ちまるデザイン室から3名の新米猟師が誕生しました。
 12月某日、猟友会川西ブロック長「梅津弘志さん」指導の下、3人そろっての鴨猟を行いました。
 これから安全に狩猟・有害駆除活動をしながら、川西町の素晴らしい自然を発信していきたいと思います。

 

3名の猟師が誕生 狩猟スタートです

 

狩猟へ

狩猟へ

【狩猟2】

今年は雪がほとんどありませんが(1月15日現在)、川西町の狩猟にはカンジキが必要となります。今回は玉庭在住、猟師歴40年以上の鈴木嗣夫さんにカンジキ作り講習を開いていただきました。
 山から竹を採り、5年ほど寝かしたものを使い作ったこのカンジキを履き、山に入り熊やイノシシを追います。川西町に残る ものづくり に接することができ、素晴らしい体験となりました。

カンジキづくりを教わっています マイカンジキ〜その1〜 マイカンジキ〜その2〜
カンジキ かんじきを履いてダッシュ

 

 

・生業づくり(除雪隊編)→近日UP予定


ちまるFacebookはこちらから↓

FB_FindUsOnFacebook-320

「新米猟師、誕生!」への1件のフィードバック

  1. 江本様 ご無沙汰してます。高校でちょっとだけ部活一緒でした鈴木毅です。読売新聞山形版で記事見ました。お元気そうで何よりです。

    私も地元貢献といいますか、家産運用といいますかで実家の杉山管理に取り組んでます。自伐林業も町おこしの同事業でよく取り組まれているもののひとつです。お互い、長く取り組めると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA