駆け抜ける秋

お布団や炬燵から出たくない季節になりましたね。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

山形は春・秋が短いといいます。
ここに暮らしていると、それを身をもって体感できます。

収穫の秋だ!と
栗を拾ったり、柿を干したり、小豆を煮たり。

あれこれしながら、「山々がようやく色づいてきたな~」

…と思った矢先、

あっという間に冬は隣にきていたようで
ついに昨日、町に初雪が。

しっかり降り積もりました。

紅葉が始まって、3週間経ったかな?
というほどの体感速度。

まだ葉が散りきっていない木もあります。

気が早いなぁ、冬。

もう少し秋を楽しませておくれ…

そんなことを思いながら

風のように駆け抜けていった秋を
カメラにかろうじて収めました。

さぁ、冬を越えなければ!

 


 

季節の変わり目

お久しぶりの投稿となりました。

皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?

夏の賑やかな時も過ぎ、米どころの川西町には秋の風がやってきました。

わさわさと絨毯のように実った稲穂も収穫され、
もう冬支度が始まっているようです。

稲穂といえば。

「よく、“黄金色の稲穂”と言うけれど、
私はその手前の、黄金になり切らない、
黄緑色のような時期の景色が好きです。」

という方がいました。

自然に寄り添い生きる人だからこその言葉。

以来、なんだかそんな景色が好きになって、
「来年は、この景色をもう少しゆっくり楽しんでみよう」

なんて、思うようになりました。

来年の季節の変わり目が楽しみです。

そんな思いを込めて。写真は今年の夏のものを。

 

 

2016年度活動報告書「ちまるのしごと」完成!

昨年度(2016年)の各協力隊の活動をまとめた報告書「ちまるのしごと」が完成いたしました!!今回は500部作成しました。

この報告書では、派遣活動から自主活動まで多岐に渡る活動を各隊員ごとにまとめています。

お求めの方はぜひ「お問い合わせ」ページもしくは「ちまるFacebookメッセージ」までお問い合わせ下さい。

「わたしたちのこと」ページ更新

平成29年4月3日、川西町地域おこし協力隊の辞令交付式が行われました。

3月末を持って江本一宏隊員が任期満了で卒業となり、4月から齋藤尚さん(写真:最前列 中央)が新たな隊員として加わりました。

これに伴い、「わたしたちのこと」ページも更新いたしました。

わたしたちのこと

今年度も引き続き川西町地域おこし協力隊−ちまるデザイン室−を宜しくお願いいたします。

フレンドリープラザ事業企画員(地域おこし協力隊)募集

川西町の図書館・イベントホール・遅筆堂文庫で構成される複合施設゛川西町フレンドリープラザ″を拠点に活動する、地域おこし協力隊を1名募集しています。主にホール部門の企画運営を行います。

締切は2月15日(水)までです。

募集要項や詳しい情報はこちらでご確認ください→川西町役場HP

川西町フレンドリープラザWebページ→こちらから

▼お問い合わせはこちらまで▼
〒999-0214
山形県東置賜郡川西町大字吉田4690番地
川西町教育委員会生涯学習課 文化振興担当
TEL:0238-44-2843 FAX:0238-44-2261
Email:shogaigakushu@town.kawanishi.yamagata.jp

 

平成29年度川西町地域おこし協力隊募集します

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
本年も川西町地域おこし協力隊をよろしくお願い致します。

来年度からの川西町地域おこし協力隊の募集が開始されました。

募集ページはこちらから

1月15日(日)には東京ビッグサイトにて開催される「JOIN 移住・交流&地域おこしフェア」に川西町も昨年度に続き出展します。今回は地域づくり担当と農業研修生の両方を募集します。

当日は現協力隊員はもちろん、農業研修生の受入地区の方や町役場担当者などから協力隊について、移住環境について、疑問に思ったこと何でも直接話を聞くことができます!

入場無料で事前申込なども不要です。

地域おこし協力隊に興味のある方、農業に興味の有る方、川西町への移住を考えている方、ぜひお気軽にお越し下さい!

 

昨年の様子

川西町女性未来委員会

昨年度からちまるデザイン室2名(長岡・窪村)が川西町女性未来委員会に参加し、活動しています。

川西町女性未来委員会…
川西町在住の女性が集い、女性ならではの視点とやわらかな発想で町を楽しく、女性達をもっと元気にする活動をしています。

昨年度の活動は主に下記の取り組みを行ってまいりました。
【前期】
川西町産業フェアへの出店
・豆を使ったボトルアクセサリーのワークショップを開催(下記写真)
・紅大豆プリン(名称まるごと紅大豆)の振る舞い

dsc_0729 dsc_0732

【後期】
川西の花ダリア染め
米織工房見学&紅花染め体験

 

そして、今年度は会議により「川西には野菜が名産!豊富にある」「川西の野菜を使って何かできないか?」との話になり、今まであまり見たことのない「地元産野菜スイーツを作る」という活動に決まりました。

そして、野菜スイーツを川西ダリヤ園でアフタヌーンティーをしながらいただくという目標も決まりました。

スイーツは下記の3品に決定!

  • 芋煮キッシュ
  • 里芋トリュフ
  • 紅大豆プリン

9月4日(日)に試作会を行いました。作っていく中で改善点も見つかり、話し合いながらよりおいしいスイーツになるよう改良を行っていきました。

hp05

そして、10月8日(土)にアフタヌーンティーが開催されました。ダリヤ園の予定でしたが、あいにくの雨のため、会場をみやまち楽市に移して行われました。

034_r

参加者は女性未来委員メンバーに加え、川西町内外に多くの会員がいるという川西の豆のスペシャリスト集団、マメリエさんもゲストにお招きしました。

-参加者の感想まとめ-

芋煮のキッシュ・・・とても美味しい!お気に入り!商品化もできるかも。スイーツというより、もはやおかずの一品。
芋煮のキッシュ

里芋のトリュフ(チョコ&抹茶味)・・・里芋の粘りと甘いチョコがとてもよく合う。ほどよく里芋のつぶつぶ感も残っていて食感が楽しめる。

里芋トリュフ

里芋トリュフ(抹茶風味)

紅大豆プリン・・・豆の風味も出ているが、上にのった甘い紅大豆ともよく合う。美味しい。
紅大豆プリン

もちろんアフタヌーンティーなので、ティー(コーヒー)もいただきました。協力隊長岡さんが淹れています。豊かな風味で大好評でした♪
グアテマラとコロンビアのコーヒー

味の感想の他にも、今後ここで作ったスイーツをどう活かしていくか、今後女性未来委員会で話し合い、検討していきたいと思います。

川西町女性未来委員会Facebookでも紹介中

――新しい仲間も募集中です――
加入条件は町内在住または在勤の18歳以上であること。
お問い合わせ先にお気軽にご連絡ください。

【お問い合わせ】
川西町役場生涯学習課
電話番号0238-44-2843
川西町交流館
川西町大字吉田4690

こまつ☆んめもんプロレス開催まであとわずか

以前ご紹介しました「こまつ☆んめもんプロレス」(以前の投稿

10月7日、会場の羽前小松駅東側のエコスノードーム前広場へ出店店舗やリング配置場所等の確認のため、下見を行いました。開催まで1ヵ月をきり、このように着々と準備が進められております!

dsc02791_r

ここで、簡単にではありますが見どころ紹介!
その1 迫力満点の試合がすべて観戦無料!!
全3試合に計10選手が出場!タッグマッチもあります

その2 “んめもん”が堪能できる!!
芋煮、おもち、カレー、ドリンク類、他にも多くの〝んめもん″が味わえます!川西町3蔵による日本酒利き酒セットも販売されます。体験できるワークショップも出店。

その3  ちまるデザイン室より長岡夫妻も出店!
プロレスにちなんだ陶芸品(マスクマン?)が出るとのことです!
とても個性豊かな作品がずらりと…続きはちまるデザイン室Facebookで
maskman01

その他、詳しい情報は公式ホームページ&Facebookをご覧ください!
こまつ☆んめもんプロレス公式ホームページ
こまつ☆んめもんプロレス公式Facebook


【関連情報】
前日29日には、お隣長井市でローカル線プロレスが開催します。
29、30日は2日間、山形でプロレス三昧!
リンク https://www.facebook.com/wrestlertrain/

大塚パソコン道場(12/5更新)

一昨年、昨年に引き続き大塚地区パソコン教室「昼飯前のパソコン道場」を開催しています。(6月~11月までの隔週金曜日 全12回予定)

初めて参加される方や昨年から引き続き参加されている方、年齢も20代から70代までの幅広い世代の方々が受講されています。

今年は初心者中心の「Wordグループ」、経験者中心の「Excelグループ」の2班に分かれて指導を行っています。

 

【Wordグループ】
これまでに書式設定からイラストや写真の入れ方などの基本を学び、簡単な案内文書の作成、チラシ作成にチャレンジしました!四苦八苦しながら、次なる課題「年賀状作成」に向けて奮闘中です。
【Excelグループ】
これまでの講座で足し算・引き算・掛け算・割り算の四則計算の方法をマスター!次はExcelグループも年賀状作成!住所録と文面、宛名面を1つのファイルで作成する事にチャレンジしています。

担当:窪村 柚木

リンク 大塚地区交流センター


11月25日(金)の最終日は年賀状づくり。皆さん印刷しています。

dsc02890

その後、修了式が行われました。一人ひとり修了証が手渡されます。

ootsuka-shuryoshiki03

最終日は特別に大塚もち加工センターの美味しいおもちをいただきました!

ootsuka-shuryoshiki2

参加いただきました皆さん、大塚地区交流センターの皆さん、約半年間ありがとうございました!!

ちまるも参加!川西夏まつり 

8月7日(日) 川西町フレンドリープラザ駐車場を会場に「川西夏まつり」が行われました。
ちまるデザイン室は昨年と同じ『彩りダリア』(完成品はページトップ画像)と、

DSC_0229_R DSC_0224_R DSC_0232_R

「夏祭りで楽しめるもの・体験型」+「協力隊の活動を知ってもらう」ため、協力隊メンバーで企画した「射的」のコーナーも担当しました。

ちまるデザイン室には現在3名の猟師がいます。
狩猟での活動紹介、狩猟以外の私たちの活動の事をたくさんの方々に知ってもらう為、活動の中で出来た成果物を景品としました。

natsu02natsu03

当日、射的にはたくさんの子供たちが来てくれました!!コツをつかむとバンバン的に命中させる子供たち。(的を立て直す途中に何度か的として狙われましたが…。)

DSC_0245_R DSC_0223_R

当てた子も当てられなかった子も、参加してくれた子には参加賞としてお菓子が配られました。

DSC_0234_R DSC_0242_R

花火が始まるまでひっきりなしで、中には何度も足を運んだ常連さんもいました!楽しんでもらえたようで何よりでした。

DSC_0255_R DSC_0251_R
来年もまた皆さんが楽しめる企画をしていきたいと思います!

こまつ☆んめもんプロレス開催します!!

川西町の町報や街なかのポスターで見かけた方もいらっしゃるかもしれませんが・・・この秋、家族で楽しめるイベントが開催されます!

その名も、

 “こまつ☆んめもんプロレス”!!

◆日時:2016年10月30日(日)9:00〜15:00

◆場所:JR羽前小松駅東側
エコスノードーム前広場(荒天時:川西町中央公民館大ホール)

◆内容:観戦無料!家族で楽しめる産直プロレス
みちのくプロレスの選手が参戦!!

◆開催目的:
キーワードは地域還元!観戦を無料にして、多くの方に足を運んでもらいたいと考えています。
この企画を通し、町外には「川西面白いことするよ」と伝えたいし、子どもたちには「川西に面白いことする大人いるよ」と伝えたい。
子どもたちが今後、就職や進学でまちを出たとしても、川西に愛着を持って、自分なりに関わり続けたいと思ってもらえることを願い開催します。

◆主催「川西町をおもしゃぐする若者の会
このプロレス開催を機に立ち上がった団体です。
現在地元の若者に3名の協力隊(江本・久保木・窪村)を加えた10名で活動中(何か川西でおもしゃいごとしたいなぁ〜という方、一緒に活動してみませんか?

◆詳細な情報や今後の情報更新については下記HP等をご覧下さい。
こまつ☆んめもんプロレス公式ホームページ

こまつ☆んめもんプロレス公式Facebook

中郡地区パソコン塾スタート

今年度は小松地区・大塚地区に加えて中郡地区でもPC教室を開催しています。

その名も「中郡パソコン塾」。

毎週火曜日の18時〜20時、7月上旬までの期間限定講座です。

DSC02128

現在の目標は7月に行われる「中郡地区町民大運動会」のポスターづくり!

参加者のほとんどの方がWordの文書入力に慣れており、「写真をパソコンに取り込みたい、活用したい」という目標が多かったこともあって、交流センターの方と話し合い決まりました。

完成したら地区内の商店・飲食店に貼っていく予定です。

参加者はまだまだ募集中ですのでお近くの方でPC操作について学びたい方、興味のある方はぜひご参加下さい!!

お問い合わせは中郡地区交流センターみずほまで(0238-42-2643)

 


中郡パソコン塾 修了式

ちまるデザイン室Facebookより

5月〜6月の2ヶ月に渡って開催した中郡PC塾。

中郡PC塾ではWordで「地区運動会のポスターづくり」とExcelで「家計簿づくり」を中心に行いました。

7月無事修了し、本日は受講生の方々に打ち上げの会を開いていただきました!

PC塾時には話せなかった地域の話、お宝情報、郷土史などたくさんの貴重なお話を聞かせていただきました。このPC塾を縁に中郡地区の皆さんと今後さらに交流を深めていきたいと思います!

中郡地区の皆様ありがとうございました!

shuryoshikishuryo-uchiage

森のマルシェオープン!

5月14日、町の産直施設『森のマルシェ』がオープンしました!
ちまるデザイン室からは長岡義和・未実隊員の陶芸作品、民芸品を出品しています。

出店までの様子、創作活動の様子はちまるFacebookで詳しく紹介しています。

オープニングセレモニー 長岡夫妻の出店スペース

 

【店内の様子】※写真をクリックすると拡大します

店内の様子特産の豆もPR 豆の特設コーナー お花も売っています 味噌やドレッシングの加工品も充実 町の花ダリヤの手芸品も売っています

 

新鮮な産直野菜は・・・。午後に行ったところほとんど売り切れでした。
野菜のお買い求めは午前中がねらい目のようです。
店内入って左側にはレストラン・カフェスペースもありますよ~!

レストラン入口

タッチパネルで注文 おしゃれなBGMも流れています

 

ランチタイム(11:00~14:00)
その他の時間帯はカフェ・軽食タイムです。

かわにし森のマルシェ Facebook

開店時間:朝9時30分~夕方6時30分

オフサイトミーティング

3月22日(火)、川西町中央公民館にて役場職員向けの地域おこし協力隊オフサイトミーティングを行いました。

今回は川西町長、副町長、役場若手職員の方々に参加して頂きました。

*5月には新隊員の紹介も兼ねた活動報告会を改めて予定しています。

地域づくり担当6名、農業研修生1名、計7名の隊員一人一人の1年の活動の発表を行いました。

一年通して行った活動、そこで感じた思いなどを発表しました。

活動といっても隊員によって各自内容は様々。

 

江本一宏隊員

柚木大祐隊員

 

長岡義和・未実隊員 農業研修生 鎌田寿隊員

 

久保木崇隊員 窪村は現在話し中・・・

 


ホームページでの情報発信ー1年を通してー

今年度の反省点ですが、更新が滞ってしまったり、内容ももう少しわかりやすく伝えられたのではないかと思いました。

また、ホームページでまだまだ紹介しきれていない活動がたくさんあります。

来年度は活動の範囲を広げ、より情報を濃く、リアルタイム*に、多くの活動の様子を紹介していきたいと思います。

*よりリアルタイムな情報はFacebookでも発信中!


来年度からの協力隊

3年目(最終年)に入る隊員が年度途中からも出てきます。川西町への定住や起業のために今まで以上に地域の皆様と深く関わっていく活動や場面が増えていきます。その際は叱咤激励含め、応援していただければ幸いです。

 

また、新たなメンバーとして玉庭地区と吉島地区で研修を受ける農業研修生3名、故井上ひさしさんから寄贈された蔵書がある遅筆堂文庫専属の隊員1名が増える予定です。

来年度は計11名で活動してまいります。

引き続きよろしくお願い致します!!

陶芸日誌(11月〜12月編)

【以前の投稿】※クリックしてご覧下さい

陶芸日誌(5〜6月編)

陶芸日誌(7月編)

陶芸日誌(8月編)

陶芸日誌(9月編)

陶芸日誌(10月編)


11月19日【 粘土作り 石臼編 】

今まで、10センチ程の小さな木槌で土を砕き、乳ばちでゴリゴリしていました。
今回、岩崎石材工業株式会社の常務取締役 岩崎智成さんのご好意により、特注で石臼を作って頂くことになりました。これで、作業がスピードアップです。
石臼は全て機械作りかと思っていたのですが、大まかな部分は機械で、後はすべて職人さんの手作業になるようです。驚きました。職人仕事というものは、素晴らしい文化なので長く大切にしていきたいと思いました。

 川西町にも、大工さまを始め、色々な職人さんがいらっしゃいます。そんな方々にもお会いし、地域の事を話して行きたいと思います。

素晴らしき職人さん

 

 

11月20日【 玉庭地区特産品作り 】

春に山で掘って来た粘土を*泥漿(でいしょう)にし、カゴに布を敷いて流し水を切ります。
雪になる前に干して使いやすい固さにしてゆきます。

*泥漿…粘土と水を混合状態にしたもの。

トロトロで美味しそう。 干していたら雨降りに、そそくさとガレージにしまいます。

 

 

11月20日【 粘土作り 石臼編 】

米沢にある岩崎石材さんにワガママを聞いて頂き特注で作って頂いている粘土作り用の石臼。
職人さんの手仕事、長年の勘で丸く丸く彫って下さっています。
私も岩崎さんも同じ地面の中から生まれるものを相手にしている事もありお話ししていてもなるほどなお話しばかりでとっても楽しく嬉しい気持ちになります。
岩崎石材さん、ありがとうございます!

Facebookでは動画を紹介しています(11月20日投稿部分をご覧下さい)

動画はちまるFacebookにて公開中

11月26日【物づくり大忙し!!】

来月に、陶芸教室の納品作品がある為、窯を焚かなければいけません。
窯を満タンにするよう物作り中。
うはー!全然間に合わないー!

量産中! マグカップ 玉庭特産品、勝手に試作。

 

11月29日【雨が降る前に…」

依頼の品、素焼き中。
雪の降る前に焼成しなければならない依頼されていた品を素焼き中。
雨が降り出しませんように…。

素焼き中 窯から火が上がります

 

 

 

 

11月30日【燻製】

注文頂いた商品、本日は本焼き。
納品無事に間に合いそうです。
窯に籾殻をぶち込んだら昔のアイドル並の白煙…。
燻製出来そう。

白い煙がもくもく・・・

 

 

12月2日【粘土づくり 石臼編】

本日、米沢市の岩崎石材工業さんにお願いしていた石臼が搬入されました!お餅をつく石臼とは違い、陶芸用に設計していただきました。専門家の色々なアイディアを詰め込んで頂いた特別な石臼になりました。
これから、臼のアールに合う様に杵を自作します。
私達のやりたい事を理解し、特注で沢山の工夫やアイデアを加えて作って下さった岩崎石材工業さん、ありがとうございます!

JAMのロゴマークにピアノ 箱にもロゴマーク。 ピアノといえば赤いフエルト。 素敵なライブスペース。

 

 

12月3日【 粘土作り 石臼編 】

本日、米沢市の岩崎石材工業さんにお願いしていた石臼が搬入されました!お餅をつく石臼とは違い、陶芸用に設計していただきました。専門家の色々なアイディアを詰め込んで頂いた特別な石臼になりました。
これから、臼のアールに合う様に杵を自作します。
私達のやりたい事を理解し、特注で沢山の工夫やアイデアを加えて作って下さった岩崎石材工業さん、ありがとうございます!

大人2人でも重い!! 粘土づくりが楽に!!

 

 

12月8日【玉庭地区の粘土での特産品づくり〜 勝手にサンプル作り 〜】

願い思いや題材になる動物や物、風習や祭事、伝説など玉庭にまつわるのアイデア募集中!
玉庭で掘った粘土を使用してまずは玉庭の方々の願いや思いを込めた郷土玩具を作ってみよう!ということになりました。ゆくゆくは玉庭地区の皆さんと私達で農閑期の手仕事やお年寄りの手仕事の一つとして長く長く続けて行けるようにしていきたいという思いで始めたこのプロジェクト。只今玉庭地区の皆さんにアイデアを募集中ですが、ちょうど窯をたてなければならない時だった事もあり、フライングで勝手に願いや思いを込めてサンプル作成。
本来は素焼きの陶器に日本画で使用する和絵の具を使用するのですが、今回はアクリル絵の具で。

 

【えじこ猿】五穀豊穣・家族円満
玉庭では嫌われ者の猿をえじこに閉じ込める事で五穀豊穣を祈ります。
猿は群れで生活するという習性から家族円満の願いも込めて。
エジコとは(嬰児籠)は藁などで筒状にしたもので他には木や竹製のものもあり、世話が出来ないときに赤ん坊が這い回らないようにする育児用の篭。

顔を書く前… えじこ猿

 

【かぼちゃ猿】無病息災・厄除け・呆け封じ
冬至に食べるかぼちゃには厄除けの意味がある事から無病息災と厄除けにも。
玉庭の猿はチームワークが良く、知恵がありネットを張った畑ではネットの中から仲間の猿に野菜を投げて盗んでゆくのだそうな。
ということで、知恵の神様や呆け封じに。

かぼちゃ猿 お尻はこんな感じ

 

【長岡未実・長岡義和】


ちまるFacebookはこちらから↓

FB_FindUsOnFacebook-320

他にもたくさんの写真や情報を掲載していますのでぜひご覧下さい