新米猟師、誕生!

平成28年度のちまるデザイン室は皆2年目以降の隊員でスタートします。

各隊員、定住に向けた活動(修業ともいう)が活発になっています。

定住に向けた活動の一つ、各隊員の生業づくり活動を紹介します。

今回は狩猟編です。

 

【狩猟】

長岡義和・江本一宏・柚木大祐

 平成27年4月から狩猟免許取得・銃砲所持許可申請を行ってきました。そして、ちまるデザイン室から3名の新米猟師が誕生しました。
 12月某日、猟友会川西ブロック長「梅津弘志さん」指導の下、3人そろっての鴨猟を行いました。
 これから安全に狩猟・有害駆除活動をしながら、川西町の素晴らしい自然を発信していきたいと思います。

 

3名の猟師が誕生 狩猟スタートです

 

狩猟へ

狩猟へ

【狩猟2】

今年は雪がほとんどありませんが(1月15日現在)、川西町の狩猟にはカンジキが必要となります。今回は玉庭在住、猟師歴40年以上の鈴木嗣夫さんにカンジキ作り講習を開いていただきました。
 山から竹を採り、5年ほど寝かしたものを使い作ったこのカンジキを履き、山に入り熊やイノシシを追います。川西町に残る ものづくり に接することができ、素晴らしい体験となりました。

カンジキづくりを教わっています マイカンジキ〜その1〜 マイカンジキ〜その2〜
カンジキ かんじきを履いてダッシュ

 

 

・生業づくり(除雪隊編)→近日UP予定


ちまるFacebookはこちらから↓

FB_FindUsOnFacebook-320

紅大豆味噌づくりに参加

1月24日(日)9:30〜12:00 東沢地区活性化センター

紅大豆オーナー今年度最後の回は紅大豆味噌づくり!!味噌作りは例年大人気のイベントとのこと。

今回は大人のインターンシップ「寒中キャベツと紅大豆味噌づくり」(やまがた里の暮らし主催)の参加者も加わって、いつもより多い約40名での開催となりました。(参加者は地元川西、置賜地区、山形県内、東北、東京など様々)

 

最初の作業は麹(コシヒカリ)を細かく粒々にばらす作業。

個人的には前日に大塚地区の雪灯篭祭りで甘酒を作っていたこともあり、2日連続の麹。いい香りです。

DSC01938

 

次に塩を入れて塩麹に。そして細かくつぶした紅大豆も加えてひたすらよく混ぜます。

これだけ見るとひき肉?混ぜるとハンバーグを作っているような錯覚に。

DSC01940 DSC01942

 

このような色合いは紅大豆の色ならではです。

ある程度まとまってきたらソフトボール大のみそ玉にして袋へ入れます。

DSC01945

袋から希望した味噌の重さごとに容器に移し替えます。

容器を焼酎で拭いた後、「美味しくなぁれ〜」と言いながらみそ玉を容器に投げ入れる皆さん。

これは空気を充分に抜く重要な作業だそうです。

DSC01956 DSC01946

 

表面に味噌の1割程度の塩をふりかけ、落とし蓋をしたらその上に隙間なく重しの塩を入れたら保存完了です。

DSC01952 DSC01954

 

講師の先生によれば暖かくなる5月頃に熟成が進むので一旦混ぜ合わせる必要があるそうです。食べ頃は今年11月からです。待ち遠しい!

 

味噌作りは各地で行われていますが、紅大豆の味噌づくりは川西町ならではの貴重な体験となりました。

 


協力隊(柚木・久保木・窪村)は年間を通して紅大豆オーナーに参加してきました。

詳しい活動の様子が東沢地区のホームページに掲載してあります。

東沢地区HPをご覧下さい

 

来年度も紅大豆オーナーは開催されます!
詳細が決まり次第ちまるホームページに掲載しますので、興味のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

地域おこしフェアへ

17日(日)東京ビッグサイトにて地域おこし協力隊の募集へ行って参りました。今回は農業研修生の募集でした。

東京ビッグサイト

移住ブース、協力隊募集ブース合わせて500近くの団体が集まった大規模なイベントです。

会場の様子

(写真:JOIN移住・交流&地域おこしフェアFacebookより引用)

 

その中で川西町ブースは…
開場してまもなくは人足が少なめでしたが…

準備中

 

当日一緒に参加した玉庭地区の皆さんの猛烈な呼び込みもあって椅子が足りなくなることもしばしば。

そんなときは前任協力隊手作りの椅子*が大活躍!!(*パイプ椅子近くにある椅子)

若い方からご家族連れの方まで多くの方々に足を運んでいただきました。ありがとうございました!!

 

お越しいただいた方の中に12月の豆の展示会や吉島地区のワークショップに参加した方など、少なからず川西町と縁があった方もいらっしゃいました。

 

そしてこのフェアで川西町ブースに足を運んで頂き、川西町を初めて知って頂いた方とは新たな縁ができました。

数名の方には1月24〜25日に開催されたやまがた里の暮らし推進機構主催の「寒中キャベツと紅大豆味噌づくり」に参加していただきました。

 

まずはこのようなイベントなどを通して川西町に来ていただき、豊かな食・自然を満喫していただきたいと思います!

 

◆リアルタイムな日々の活動はこちらから→Facebook

地域おこしフェアに参加

日 時:1月17日(日) 10:00〜17:00

場 所:東京ビッグサイト 西2ホール

 

協力隊から農業研修生の鎌田さん、地域づくり担当の窪村が参加します。

参加は昨年に引き続きとなりますが、今回は協力隊の中の「農業研修生」の募集となります。

川西町HP 農業応募要項

 

当日は農業研修生の受入地区の一つである玉庭地区の住民の方も参加して下さり、農業全般から研修受入体制、移住環境について直接話を聞くことができます!

農業に興味のある方、里山での暮らしに興味のある方など大歓迎!

 

受入地区

玉庭地区交流センター四方山館

特定非営利活動法人きらりよしじまネットワーク(吉島地区交流センター)

 

お越しいただいた方には川西町の特産品のお土産があります!!
地域おこし協力隊No.27ブースでお待ちしております。
気軽にござっとごぇ〜〜(お気軽にお越しください)

 

チラシ(PDF形式で開きます)

JOIN移住・交流&地域おこしフェア

 

image02 image01

 

 

 

 

 

 

 

image06

かわにしの秋まつりに参加!

遅くなりましたが・・11月8日(日)“川西の秋祭り”に参加!!

※ページTOP画像は東沢地区の秋まつりの様子です

 

【東沢地区】

東沢小学校の子どもたちの劇や、地域の方のカラオケ大会などで盛り上がるステージイベント。

その中に「東沢歌声サロン」として参加してきました。

季節ごとに東沢小学校で開催している東沢歌声サロン。私たち協力隊はピアノ伴奏とサポートを担当しています。

東沢の皆さんと小学校の子どもたちとともに季節の歌など歌って楽しく交流を深めています。
今回は「故郷」「ビリーブ」などの合唱発表を行いました。

アンコール(♪赤い屋根の家)もいただき、大盛況でした!

_DSC6679 _DSC6678

 

色々な売店が出店!!
_DSC6524 _DSC6590

 

【小松地区】

小松地区のサークル作品が多く並ぶなか、協力隊も展示スペースをいただいて「高齢者向けミニPC教室」の告知・宣伝を行いました。受講生はまだまだ募集中です!

詳しくはコチラをクリック!!

DSC01633 DSC01630

 

DSC01638 IMG_1286

 

【玉庭地区】

玉庭秋祭りでの陶芸ワークショップ お絵描きとミニ陶芸教室を行いました。

参加して頂いた方々は12月半ばにお渡しになります。
お楽しみに!

tamaniwa-tougei01 tamaniwa-tougei02

 


ちまるFacebookはこちらから↓

FB_FindUsOnFacebook-320

他にもたくさんの写真や情報を掲載していますのでぜひご覧下さい

 

大塚地区パソコン道場修了

6月から始まった大塚地区の高齢者向けPC教室「昼飯前のパソコン道場」

今年度無事終了いたしました! →関連記事

 

初心者の方はマウスの使い方から始まり、クリック・ダブルクリック・ドラッグ&ドロップなど慣れない操作に四苦八苦…。

ootuka15 ootuka16

 

※受…受講生 協…協力隊

受「マウス(ポインタ)どこさいった!?」

受「ダブルクリックなんねぁ〜」

協「ここ(クリックする場所を指差す)を素早く2回クリックします」

受「ん・・・。こう?(指で直接ディスプレイを押す)」

そんな時もありました。

 

しかしマウスを使ったゲームなどで徐々に慣れ、コツがつかめるように。

 

講座の最後はコーヒーをいただきながら交流会でリフレッシュ。
近況や協力隊の活動についてなどたくさんお話しさせていただきました。

 

こうして、全11回の講座を経て目標である年賀状を完成させました!
来年の干支である猿のかわいいイラストを取り入れたり、お孫さんと写った写真を取り入れたりと…思い思いの年賀状を作り上げました。

DSC01756 nenga-picture

 

修了式では、一人ひとりに修了証を授与いたしました。
DSC01760

 

修了式後…

打ち上げとしてもち昼食会を開いて頂きました。もちは「大塚もち加工センター」のおもちです。
つきたてのおもちは柔らかくとても美味しかったです!!
(具材は受講生の皆さんの持ち寄り。きなこの材料の豆も受講生の方が育てられたもの!)

DSC01763 DSC01764

 

■昼飯前のパソコン道場を通して

まずはPCでどのようなことが出来るのか、受講生の皆さんにはその第一歩を知っていただけたのではないかと思います。

受講生同士で教え合ったり、いつもの交流会の他に受講生主催で芋煮会を開いたりと、受講生同士の交流の面でも大変有意義な講座となりました。

今後は、今回修了された方が来年度の先生役(または先輩役)となって新しく入った受講生に教える…といった次の交流へとつながる活動にしていきたいと考えています。

 

【窪村郁子・柚木大祐】


ちまるFacebookはこちらから↓

FB_FindUsOnFacebook-320

他にもたくさんの写真や情報を掲載していますのでぜひご覧下さい

タイ料理教室 のお知らせ!

タイ料理作りに挑戦しませんか?

【講師】

地域おこし協力隊で農業研修生の鎌田さん。以前は東京のタイ料理店でエリアマネージャーとして活躍されていました。→わたしたちのこと

現在鎌田さんは川西町玉庭在住で朴沢(ほおのさわ)地区の農業法人にて研修中。毎日の農作業で汗を流しています。

 

今回作る料理のひとつ「カオマンガイ」(下写真)

有名なタイ料理の一つ。鶏肉のだし汁で炊いたご飯と茹でた鶏肉をコクのあるタレをかけた料理です。thai-food04

他にも3品作るので、そちらは行ってからのお楽しみ!

 

日 時:平成27年12月5日(土)午前10時〜

ところ:玉庭ふるさと総合センター「おもいで館

参加費:300円

持ち物:エプロン、三角布

申込先:玉庭地区交流センター 電話42−2130まで

※先着16名までなのでお早めに!

農業体験バスツアーのお知らせ

11月27日(金)〜29日(日)の3日間、東京から川西町へのバスツアーがあります。

 

【内容】

その1 山形名物芋煮つや姫(お米)のランチ!

IMG_4807 tuyahime

 

その2 地酒米沢牛が楽しめる交流会!

yonezawagyu zizake

 

その3 蕎麦打ち味噌作り体験!

その4 川西の米沢牛について各生産者から直接学べる

 

2泊3日で参加費は破格の1万円!!
川西町に興味のある方は是非この機会に〜!

 

我々協力隊も参加します!!ぜひ来てけろな〜

image01-1 image01-2

↑クリックすると拡大します。

※掲載写真の変更点※
①申込締切・・・11月5日(木)→ 11/19締切に延長!
②参加要件・・・お子様連れ可能に変更となりました。

お子様の参加費は中学生まで無料、高校生からは1人10,000円です。

 

【リンク】

川西町とは?→川西町役場ホームページ  川西町観光協会

米づくり講師を担当“ファーマーズ5”→Facebook

宿舎→浴浴センターまどかホームページ

 

【申込先】

山形県川西町役場 産業振興課 農業グループ

TEL 0238-42-6642
メールはこちらへ

陶芸日誌(10月編)

10月1日(木)“吉島陶芸教室、無事終了”

全5回吉島陶芸教室が無事に終了しました。
今回は最後という事で電気窯で*焼成する陶器を自由に作ってもらいました。
5回目という事もあり、粘土にも馴れて皆さん思うように作れた様で作品も豊作です。
皆さん、慣れない私達の指導で苦労された事と思いますが楽しんで頂けたでしょうか?
吉島センターの皆様、度々お手数をお掛けしましたが暖かく見守って頂きありがとうございました!
またこの様な機会を頂きありがとうございます。

tougei30-1 tougei30-2 tougei30-4

 

10月3日(土)“本焼きまで準備万端”

電気の工事が無事に終わり、本焼きが出来る様になったので、釉掛けです。
月曜日には本焼きスイッチオンの予定。
上手く焼けると良いのですが…。

tougei32

 

10月7日(水)“窯詰め、本焼き、テストピース焼成”

本日、東北電力の電気工事検査です。
先日、間違えて付いていたブレーカーを交換工事して頂き、本日東北電力の検査後に本焼き入ります!
吉島の子ども達の陶芸作品と黒川子供会の陶芸教室の作品、春先に作った友人の作品に玉庭と犬川で採取した粘土のテストピースが入っています。
本焼きは初窯になるのでワクワクドキドキ!

tougei33-1 tougei33-2

 

*写真右…テストピースは採取した場所に呉須(コバルトから出来た顔料)と鉄で線を書き半分は釉薬を塗ってあります。

10月8日(木)“作品鋭意製作中!!”

地区の文化祭(犬川)が11月8日にあります。
作った作品を発表したいという依頼だった陶芸教室。
次の窯を焚くには物が足りない…。
今日から6次産業販売拠点の森のマルシェで販売する物を超スピードで作って窯をたてなくてはなりません。

tougei34-1 tougei34-2

 

10月13日(火)“玉庭秋まつり〜ワークショップに向けて1〜”

川西町玉庭地区の収穫祭でワークショップの依頼をうけました。
体験料は取って良いそうですが子供相手でお祭りの最中、あんまり高くは出来ないので安くて手軽に出来る体験を思案中。
試作品、何となく作ってみたけれど…。
おじさん型ボタン。鼻の穴がボタンホールになっています。
私が作るとどうしてもおかしな方向へ行ってしまう。

助けて!

tougei35-2

 

10月16日(金)“玉庭産粘土で焼成テスト”

春に玉庭地区で採取した粘土の焼成テストの結果。
1230度の温度に耐え無事に焼きあがりました。
本日午後はこの粘土を利用した、特産品として何を作ってゆくのかを話し合いします。
今年度中にある程度の形になる様に方向性を決めて行きます。

tougei36

 

“土と灰が届きました”

発注していた土と灰が届きました。
締めて10万円也。
陶芸をしていない人には価値は分からないただの土と灰。
えらい量の土の山。これもそのままでは使えません…。
これから私達は爪に火を灯しての生活に入ります。

tougei37

 

10月23日(金)“玉庭秋祭り〜ワークショップに向けて2〜”

川西町は最近朝は霧もやけ。
午前は作業途中の陶器も干せないので明日の素焼きに向け朝は窯詰め。
お天気の良くなってからは外での作業。
粘土作りに、玉庭秋祭りのワークショップの下拵えです。

tougei38-1tougei38-3

 

 

 

 

 

*写真左…吉島陶芸教室の作品と玉庭ワークショップや森のマルシェに向けた物作り。

*写真右…こちらはゴムの髪留めにも、ペンダントトップにも大きいけれどボタンにもなる物に絵付け体験をしてもらう予定。

10月26日(月)“玉庭秋祭り〜ワークショップに向けて3〜”

玉庭地区センターから依頼を受けた秋祭りでのワークショップ、絵付けバージョン。
サンプル作りと、色見本。
これに釉薬を掛けてもう一度焼きます。
あ!運ぶ用の箱、無いと無理だ!
子供達でも出来る事ってムツカシイ。

tougei39

10月28日(水)“本焼き開始!!”

釉薬掛けてようやく本焼き開始です。
吉島の陶芸教室の作品と玉庭ワークショップのサンプル、その他色々入っています。
一週間後が楽しみです。

tougei40

【長岡未実・長岡義和】


【以前の投稿】

 

tougei8-2

 

・陶芸日誌(5〜6月編)はコチラから

 

 

tougei9-4

 

・陶芸日誌(7月編)はコチラから

 

 

tougei26-5

 

・陶芸日誌(8月編)はコチラから

 

 

tougei28-4

 

 

・陶芸日誌(9月編)はコチラから

 

 


ちまるFacebookはこちらから↓

FB_FindUsOnFacebook-320

他にもたくさんの写真や情報を掲載していますのでぜひご覧下さい

陶芸日誌(9月編)

9月7日(月)“陶芸用電気窯 我が家へ”

待ちに待った陶芸用電気窯の納品です。
残りの組み立ては現地で。
思っていたより大きくて気が引き締まる思いです。
頑張るぞー。

tougei27-1 tougei27-3 tougei27-5

 

9月8日(火)“電気窯導入〜初窯で素焼き〜”

電気窯がようやく入ったので初窯は陶芸教室の素焼きです。
電気容量が足りない為、ブレーカー落ちるかも…。
爆発せずに無事に焼ける様に祈ります…。

tougei28-2 tougei28-3

 

9月9日(水)“電気窯でテスト”

川西町で採取し精製していた粘土を電気窯でテスト焼成する為のテストピース作り。
テストピースは長さ5センチで成形し、生→乾燥→素焼き→本焼きまでの収縮率も計ります。
乾かして、素焼き(800度)をし鉄絵と呉須の線を引いて透明釉を掛けてもう一度本焼き(1200度)します。
焼成時に溶けたり、溶けるだけでなくぶくぶく膨れたりして窯を壊す可能性があるのでテストピース用の器も同時に作ります。

tougei29-1 tougei29-2

 

9月16日(水)“テストピース、電気窯でテスト”

春先から掘っていた粘土のテストピース。
様々な質感や色です。
100%と市販の粘土を混ぜた50%と作って電気窯でテストします。
溶けずに残ってくれると良いのだけれど。

tougei30-1 tougei30-2

 

【長岡未実・長岡義和】

 


【以前の投稿】

tougei8-3

 

・陶芸日誌(5〜6月編)はコチラから

 

 

tougei9-4

 

・陶芸日誌(7月編)はコチラから

 

 

tougei26-5

 

・陶芸日誌(8月編)コチラから

 

 

・陶芸日誌(10月編)はコチラから

 


ちまるFacebookはこちらから↓

FB_FindUsOnFacebook-320

他にもたくさんの写真や情報を掲載していますのでぜひご覧下さい

豆の成長日誌3〜収穫編〜

過去の日誌はこちらから

豆の成長日誌1   豆の成長日誌2

 

【派遣先:やまがた里の暮らし推進機構

※お知らせ:12月4日〜6日に「山形かわにし 豆の展示会」を行います

 その情報はこちらから→豆のあるまち かわにしFacebook

【内 容:川西産豆や農産物研究、情報発信】
【担 当:柚木・久保木】

①9月下旬 実った豆たち

1002-kurakake02 1002-okame03 1002-tora02 1002-uzura02

 

左からくらかけ豆、おかめささぎ、とら豆、うずら豆。
立派に成長しました。収穫まであとわずか!!

②10月16日 収穫!

DSC_0660 DSC_0665 DSC_0702

 

玉庭地区交流センター、やまがた里の暮らし推進機構の皆さんと収穫作業を行いました。
今回はパンダ豆、とら豆、うずら豆、紅大豆を中心に収穫していきます。

DSC_0674 DSC_0678 DSC_0690

 

DSC_0694 DSC_0699 DSC_0703

 

夏場には多くの雑草が生い茂り、その度に除草作業となりましたが、雑草にも負けず、たくさんの豆が実りました。
収穫していない豆はまだあるのでこれからも収穫作業は続きます。

 

③試食会

収穫当日、豆の種を提供していただいた玉庭地区交流センター四方山館で試食会を行いました!!

 


〜番外編〜

現在豆以外に野菜の栽培も行っています。(大根、スティックブロッコリー、白菜など)
雑草を刈り取りながら作業を進めています。

1002-daikon 1002-hakusai2 DSC_0705

 


ちまるFacebookはこちらから↓

FB_FindUsOnFacebook-320

空き家再生プロジェクト実施中!

空き家再生プロジェクトについて

空き家改修の目的

都会から田舎に飛び込んだ僕たち地域おこし協力隊。「田舎には何もない」と地元の方々は口を揃えて言うけれど、自分たちから見たら宝物がたくさんあるように思います。

空き家もその1つ。地元の方から見たら頭を抱える問題の空き家も、リノベーションが行える自由がある宝物。今回、様々な方の協力を頂き、空き家を借りることができました。

空き家の改修を通して、地元と都会の方々との交流の場・遊び場をみんなで作って行ければと思います。

 

空き家改修に至るまで 〜2014年12月中旬〜
玉庭のラーメン屋にてお昼ごはん。地域の特産品(むくりブナ)を製造しているおばあちゃんと相席になる。

hujiya (1)

※お…おばあちゃん、協…協力隊員

お:「地域おこし協力隊って何をしているのか?何がしたいのか?」
協:「空き家を探しています」
お:「空き家を探して何をするのか?」
協:「都会の人が気軽に来れる場を作りたくて、そこで地域の人との関わりがあるような場所なんかに出来れば…」
お:「住むのか?」
協:「その可能性も考えています」
お:「じゃあ、あそこの空き家があるから、持ち主に電話してやる。」

 

〜その場で電話して、使用の許可を得る〜

 

物件を見に行くと…

家は雪に埋もれ、中は物があふれている状態だったが、巡り合わせを大切にしたいと思い交渉を進める。6月から作業開始。

project0-1 project0-2

 


第1弾 家の中クリーン大作戦!(6月13日)

【参加者:県内外の大学生、川西・米沢の協力隊、東京、町内有志 等…】
昨冬途方にくれた物件…。まさか一日でここまで片付くとは…‼︎ 想いを共有する仲間に感謝の日でした。

 

・空き家内の掃除、家財道具の運び出しと分別。夜は熊鍋を食べながら交流会。

project1-1 project1-5 project1-11 project1-12

 

第2弾 天井、トイレの改修作業(8月22〜23日)

【参加者:東京、宮城、大学生、川西・長井市の協力隊、町内有志 等…】

・天井、新建材の撤去の班、トイレの掃除と庭の草刈り作業の班に分かれて作業。
・外壁材として使用される焼杉の体験も行いました。

project2-2

project2-20project2-21

 

・夜は玉庭おもいで館(旧置賜農業高校玉庭分校)にて交流会。
・地元の方々から野菜・果物など差し入れを多くいただき、手作りのピザとともに美味しくいただきました。ありがとうございました!!

project2-14project2-1

 

第3弾 梁のスス落とし・床張り(9月21〜23日)

【参加者:福井県キャラバン隊、大学生、川西・長井の協力隊、町内有志 等…】

福井県南越前町のキャラバン隊(Round Trip)メンバーも参加。

project3-14project3-21

 

・1日目は天井付近の梁にたまったスス落とし。2日目からはキャラバン隊が加わって床張り作業。
 キャラバン隊内にいる『全国床張り協会員』指導のもと作業は進みます。みるみる再生されていきます。

project3-120project3-22

project3-10

project3-18

・交流会では今回も地元の方々から多くの野菜・米・お肉の差し入れをいただき、美味しくいただきました!ありがとうございました!!
 2日目は古民家の囲炉裏を囲んで交流会。鍋を囲みながら空き家活用についての意見・情報交換を行いました!

project3-19 project3-12

 

次回は11月に開催予定!

DIY好きの方の参加をお待ちしております!!

 


空き家改修を進めていく中で

地域の人の反応
・玉庭に若い人が来てくれるのはありがたい。(年配の方より)
今の空き家改修の意味付け
・地域外の人たちが空き家改修をきっかけに玉庭に来てくれる。
・そのきっかけで川西の人たちや自然・食に触れて川西町の良さを知ってもらえる。

【柚木大祐・江本一宏】


↓ちまるFacebookはこちらから↓

FB_FindUsOnFacebook-320

陶芸日誌(8月編)

8月8日(土)“吉島地区陶芸教室〜見本作り〜”

吉島地区のスキルアップ陶芸教室に向けた見本作りが続きます。
ステファン流楽焼簡易窯での焼成。
簡易窯の焼成でもここまでの物が出来上がります。
焼成だけなら半日で完了。
楽焼のフットワークの軽さは陶芸の火を使うという醍醐味を味わうにはもってこいです。
火を見ているだけで神聖な気持になりますよ。

tougei20-1 tougei20-4

 

8月22日(土)“電気窯導入へ向けて電柱設置”

自宅に陶芸の電気窯を入れる為、電気の容量変更をお願いしたら、
大家さんの敷地内に電柱を建てなくてはならないという大工事になってしまいました。
電柱を建てる穴を掘ると粘土が出てきてまるで備前焼の様な粘土。
電気屋さん曰く粘土なら工事する度沢山でるよー!
全部持ち帰って廃棄するんだーとの事。
廃棄するものを利用するのは何か良いかも…と思いつつ、量が凄い事になりそうで怖い。
電気屋さんの社長さんともお近づきになれた良い一日。
夕方からは玉庭で仲間たちが行う空き家改修に参加。
ピザの生地もプクプク良い感じです。

tougei21-2 tougei21-1

 

8月24日(月)“玉庭で採れた土で粘土づくり”

玉庭地区での山土を利用した特産品作り。粉砕→フルイ→水簸→乾燥を経た粘土第一段が出来ました。
寝かせて使用する物と使う物に分けて使う方はもう少し水分を飛ばします。

tougei22-1

8月24日(月)“吉島地区陶芸教室〜素焼き〜”

本日は焼きの第一段階の素焼きです。
急いで焼き過ぎると爆破するので、気持ちを抑えてゆっくり焼きます。
無事に爆発はせずに終了しました。
次回は本焼き、釉薬を施しての焼成。
出来上がりが見れる最高の瞬間、楽しみです。

tougei23-4 tougei23-5

 

8月29日(土)“秋の風物詩!芋煮の器づくり”

本日は私達が住む山形県川西町下黒川地区の子供会での陶芸教室。
お題は芋煮会の器。山形ならではのお題。
同じ地区の方からのこういう依頼を頂けるのは本当に嬉しい事です。
皆様に楽しんで頂ける様にあれこれ考え準備します。

tougei25-1 tougei25-2

 

8月31日(月)“吉島地区陶芸教室〜楽焼完成!”

本日4回目で本焼きです。
作るところから出来上がりまでを体験して頂くプログラム。
4回目で楽焼作品完成しました!
初めてとは思えないクオリティの高さで、皆さんご満足頂けた様で良かったです。
作品の出来も良く、せっかく頑張って素敵な作品が出来たので収穫祭で展示発表する事になりました。

tougei26-1 tougei26-4tougei26-5

 

【長岡未実・長岡義和】

 


【以前の投稿】

tougei8-3陶芸日誌(5〜6月編)はコチラから

 

 

 

tougei9-4陶芸日誌(7月編)はコチラから

 

 

 

陶芸日誌(9月編)はコチラから

 

陶芸日誌(10月編)コチラから


ちまるFacebookはこちらから↓

FB_FindUsOnFacebook-320

ミニパソコン教室はじめました

8月から“かわにしミニパソコン教室”を開催しています。

この教室は川西町内の60代以上の方を対象とした少人数のパソコン教室です!(※50歳代でも可)

 

内容はパソコン操作の基礎からワード・エクセルの使い方、インターネット・Facebookの使い方まで希望に合わせて進めていきます。

パソコン教室ついでにお茶飲みにいらっしゃってもOK!!

 

◆詳細・問合せについてはこちらをご覧下さい◆

→ かわにしミニパソコン教室のご案内(ファイル形式/PDF)

 

◆概要◆

日 時:水・木曜日 14〜16時(※休祝日、他予定と重なる場合を除く)

場 所:座・まんまる〜む(旧おもちゃのピッコロ)川西町大字上小松1563 2階

 

IMG_4539 まんまる〜む地図(新)

 

定 員:1講座につき1〜4名まで(先着順事前予約制

講 師:川西町地域おこし協力隊 窪村(くぼむら)

豆の成長日誌2

←前回の日誌(豆の成長日誌)

→続きの日誌(豆の成長日誌3〜収穫編〜)

 

【派遣先:やまがた里の暮らし推進機構
【内 容:川西産豆や農産物研究、情報発信】
【担 当:柚木・久保木】

①7月中旬 ちまる畑の看板を設置しました!

知り合いになった川西町内の大工さんの工房をお借りして作成した看板。

材料となる木材・廃材を提供していただいたり、技術面でアドバイスしていただきながら看板を完成させることができました。ありがとうございました!!

higasizawa-kanban01 DSC01203

 

②7月中旬〜下旬 支柱立てを行いました

晴天が続き、天候に恵まれたおかげで、豆は順調に成長しています。
※紅大豆を含めて13種類の豆を栽培中(パンダ豆・秘伝豆・虎豆・黒豆etc)

とら豆やおかめささぎなど、つる性の豆は日に日につるが伸び、隣同士で巻きついてしまっているものも…(写真右)

0721-farm09 0810-okame&kuro

 

左から紅大豆、とら豆、秘伝豆、黒びったら

0721-benidaizu050721-tora030724-hiden03 0724-kurobittara05

 

左から青ばた豆、白いんげん豆、おかめささぎ、うずら豆、くらかけ豆

0724-aobata02

0724-siro050724-okame050724-uzura02

0724-kurakake05

 

③8月10日〜18日 開花

豆によって花の色は黄色、ピンク、白、紫など…形も様々

左からパンダ豆、うずら豆、紅大豆

0811-panda03 0810-uzura03 0818-benidaizu10

 

左から黒豆、小豆、くらかけ豆、黒びったら

0818-kuro03

0818-azuki03 0818-kurakake03 0818-kurobittara05

④8月18日〜 実がなりました!!

特にとら豆(写真一番左)の成長が早い!

おかめささぎ(写真左から2番目)は特徴のある三日月形。

白いんげん豆(写真一番右)はまだまだ小さくてめんごいなぁ。(よく見ると小さい実がついています)

紅大豆や秘伝豆の実はまだ先のようです。

0818-tora-mame 0818-okame-mame 0818-panda-mame02 0811-siro-mame

 

引き続き、地域の方々から教えていただきながら豆栽培を行っていきます。


ちまるFacebookはこちらから↓

FB_FindUsOnFacebook-320