田舎だから見えるものとは

こんにちは。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

先日、鈴木隊員が準備からずっと携わっていた事業

川西町東沢地区の「やんちゃ留学」が開催されました。

夏休みに、都会の子を田舎に短期留学させるプログラムです。

 

せっかくなので今回は少しくわしく、

「やんちゃ留学」についてご紹介したいと思います。

 

「やんちゃ留学」の歴史も踏まえての紹介になるので、

すこしだけ長くなりますが、

時間のゆるす限りごゆっくりと読んでいただけたらと思います。

 

 

平成3年度に始まった、東沢地区山村留学

先月27日から30日までの4日間、川西町東沢地区にて

東沢地区山村留学・通称「やんちゃ留学」が開催されました。

夏休みに東沢地区で東京都町田市の小学生を受け入れて、

3泊4日の短期留学をしてもらうプログラム。

 

平成3年度に始まってから今年度まで続いていて、

もう30年近い歴史があります。

かつて参加していた小学生もすっかり大人になる年月。

 

昨年度いっぱいで閉校になった地区唯一の東沢小学校の閉校式典にも

やんちゃ留学の卒業生が数名、出席されていました。

 

これだけ縁が深いのには理由があります。

 

今年度こそ、3泊4日という短期での受け入れでしたが

じつは、平成26年までは1年間の長期留学というものもありました。

 

短期留学をした人が長期留学に進むことができる、というもの。

 

1年間、よその子どもを地区で預かるわけですから、

地区の住民も無視はできません。

 

 

地区住民の協力あっての実現

やんちゃ留学は「山村留学協力会」のもと開催されているのですが

かつて、この組織には東沢地区の全戸が加入していたんです。

 

地区を挙げて取り組んでいる事業なんですね。

 

留学生に何かあったら、地区全体で助け合えるこの仕組み、

初めて聞いたとき、感動しました。

最高のおもてなしじゃないでしょうか?

30年近い歴史も納得。

 

そのほか、里親になれる家庭を募集する「里親方式」を実施し

長期留学の際は、里親となった家から

東沢小学校に登校したりもしていたそうです。

 

そう、小学校も連携していたんです。

 

町田市に限定して募集をかけていたなど、

「この規模だからこそできたことだ」

長く携わる方はおっしゃっていました。

 

なるほど、小さいからこそできることってあるんだな。

 

 

小さくても続けていくということ。

さて、ここまで「やんちゃ留学」の歴史の話でしたが

ここからは、今回のやんちゃ留学はどうだったのか、という話。

 

かつて多い年には40人もの受け入れをしていたやんちゃ留学ですが

今年度は、7人の受け入れとなりました。

 

前記したように、昨年度で東沢小学校が閉校したということもあって

現在、長期留学は実施していません。

過去と現在、単純に数字だけ比べてしまえば

すこし寂しいような気がしますが、そうでもない気がしました。

 

「都会とはまったくちがうところばかりで驚いたけれど

天体観測をしたときに見た星空がすごくきれいで、楽しかった」

 

子どもたちのお礼の手紙にそう書いてあったのを読んで

はっ とさせられました。

田舎だからこそ見えるものを、子どもたちはちゃんと

見つけてくれたんだな、と嬉しくなりました。

 

1人でもそういう思い出を持ち帰ってくれた子がいた

ということだけで、今年もできてよかったな、と思います。

 

2年に1度の、同窓会。

 

やんちゃ留学はじつは、卒業生向けに2年に1度の同窓会も開催していて

お礼の手紙に「2年後の同窓会がいまからたのしみです」

書いてくれる子もいました。

 

現在、短期留学生は700人以上、長期留学生は44人。

 

星空の思い出や、同窓会など

小さくても、そういったものがコツコツと積み上がって

この小さな町の記憶がたくさんの人の中に残っている

 

それって、とってもしあわせだなあ~

 

なんて、呑気でしょうか?

 

子どもたちが「また来たいな」と思った時に

「ただいま!」と言える場所をつくって待っていなくっちゃね。

 

writer: 齋藤

 

\ 「もっと知りたい!」という方はこちらも一緒にどうぞ! /

おらほの地域づくり│山形県 川西町 東沢地区ホームページ

東沢やんちゃ留学|川西町ホームページ

本と、コーヒー。

こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

 

「本と、コーヒー。」

それだけで、なんかいい響きでしょ?

 

ということで!

今回はちょっとした宣伝を。

 

本と出会い 人、店、まちとつながる 心が通う16日間

『Book!Book!Okitama 2018』のカウントダウン企画ということで、

6月16日㈯~7月1日㈰の期間中、

川西町フレンドリープラザのカフェコーナーにて

コーヒーの販売をしています。

 

(協力隊員、ときどきお手伝いに行きます…!)

 

それに、こちらのカフェ

「コーヒーが苦手…」という方でも大丈夫。

川西町の紅大豆®でつくられた、ノンカフェインの

やさし~いお茶「紅大豆茶」もご用意しています。

ふわっと大豆の香りがして、ほっとするおいしさですよ~。

 

その他に、ちょっとしたお菓子も販売しますので、

川西町にお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいね。

 

お待ちしております!

 

(期間中は並行して、様々なイベントも開催しています。

詳しくはこちら→ Book!Book!Okitama2018 をチェック!)

 

2017年度活動報告書「ちまるのしごと」作成しました

今年も、川西町地域おこし協力隊の活動をまとめた報告書

「ちまるのしごと」(2017年度)が完成いたしました!!

平成29年4月〜平成30年3月までの期間、

派遣活動から自主活動、農業研修、遅筆堂文庫での活動など、

隊員ごと多岐に渡る活動をまとめています。

 

お求めの方はぜひ「お問い合わせ」ページもしくは

ちまるFacebookメッセージ」までお問い合わせ下さい。

2016年度活動報告書「ちまるのしごと」完成!

昨年度(2016年)の各協力隊の活動をまとめた報告書「ちまるのしごと」が完成いたしました!!今回は500部作成しました。

この報告書では、派遣活動から自主活動まで多岐に渡る活動を各隊員ごとにまとめています。

お求めの方はぜひ「お問い合わせ」ページもしくは「ちまるFacebookメッセージ」までお問い合わせ下さい。

「わたしたちのこと」ページ更新

平成29年4月3日、川西町地域おこし協力隊の辞令交付式が行われました。

 

3月末を持って江本一宏隊員が任期満了で卒業となり、

4月から齋藤尚さん(写真:最前列 中央)が新たな隊員として加わりました。

 

これに伴い、「わたしたちのこと」ページも更新いたしました。

わたしたちのこと

 

今年度も引き続き川西町地域おこし協力隊

−ちまるデザイン室−を宜しくお願いいたします。

フレンドリープラザ事業企画員(地域おこし協力隊)募集

川西町の図書館・イベントホール・遅筆堂文庫で構成される複合施設゛川西町フレンドリープラザ″を拠点に活動する、地域おこし協力隊を1名募集しています。主にホール部門の企画運営を行います。

締切は2月15日(水)までです。

募集要項や詳しい情報はこちらでご確認ください→川西町役場HP

川西町フレンドリープラザWebページ→こちらから

▼お問い合わせはこちらまで▼
〒999-0214
山形県東置賜郡川西町大字吉田4690番地
川西町教育委員会生涯学習課 文化振興担当
TEL:0238-44-2843 FAX:0238-44-2261
Email:shogaigakushu@town.kawanishi.yamagata.jp

 

平成29年度川西町地域おこし協力隊募集します

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
本年も川西町地域おこし協力隊をよろしくお願い致します。

来年度からの川西町地域おこし協力隊の募集が開始されました。

募集ページはこちらから

1月15日(日)には東京ビッグサイトにて開催される「JOIN 移住・交流&地域おこしフェア」に川西町も昨年度に続き出展します。今回は地域づくり担当と農業研修生の両方を募集します。

当日は現協力隊員はもちろん、農業研修生の受入地区の方や町役場担当者などから協力隊について、移住環境について、疑問に思ったこと何でも直接話を聞くことができます!

入場無料で事前申込なども不要です。

地域おこし協力隊に興味のある方、農業に興味の有る方、川西町への移住を考えている方、ぜひお気軽にお越し下さい!

 

昨年の様子

川西町女性未来委員会

昨年度からちまるデザイン室2名(長岡・窪村)が川西町女性未来委員会に参加し、活動しています。

川西町女性未来委員会…
川西町在住の女性が集い、女性ならではの視点とやわらかな発想で町を楽しく、女性達をもっと元気にする活動をしています。

昨年度の活動は主に下記の取り組みを行ってまいりました。
【前期】
川西町産業フェアへの出店
・豆を使ったボトルアクセサリーのワークショップを開催(下記写真)
・紅大豆プリン(名称まるごと紅大豆)の振る舞い

dsc_0729 dsc_0732

【後期】
川西の花ダリア染め
米織工房見学&紅花染め体験

 

そして、今年度は会議により「川西には野菜が名産!豊富にある」「川西の野菜を使って何かできないか?」との話になり、今まであまり見たことのない「地元産野菜スイーツを作る」という活動に決まりました。

そして、野菜スイーツを川西ダリヤ園でアフタヌーンティーをしながらいただくという目標も決まりました。

スイーツは下記の3品に決定!

  • 芋煮キッシュ
  • 里芋トリュフ
  • 紅大豆プリン

9月4日(日)に試作会を行いました。作っていく中で改善点も見つかり、話し合いながらよりおいしいスイーツになるよう改良を行っていきました。

hp05

そして、10月8日(土)にアフタヌーンティーが開催されました。ダリヤ園の予定でしたが、あいにくの雨のため、会場をみやまち楽市に移して行われました。

034_r

参加者は女性未来委員メンバーに加え、川西町内外に多くの会員がいるという川西の豆のスペシャリスト集団、マメリエさんもゲストにお招きしました。

-参加者の感想まとめ-

芋煮のキッシュ・・・とても美味しい!お気に入り!商品化もできるかも。スイーツというより、もはやおかずの一品。
芋煮のキッシュ

里芋のトリュフ(チョコ&抹茶味)・・・里芋の粘りと甘いチョコがとてもよく合う。ほどよく里芋のつぶつぶ感も残っていて食感が楽しめる。

里芋トリュフ

里芋トリュフ(抹茶風味)

紅大豆プリン・・・豆の風味も出ているが、上にのった甘い紅大豆ともよく合う。美味しい。
紅大豆プリン

もちろんアフタヌーンティーなので、ティー(コーヒー)もいただきました。協力隊長岡さんが淹れています。豊かな風味で大好評でした♪
グアテマラとコロンビアのコーヒー

味の感想の他にも、今後ここで作ったスイーツをどう活かしていくか、今後女性未来委員会で話し合い、検討していきたいと思います。

川西町女性未来委員会Facebookでも紹介中

――新しい仲間も募集中です――
加入条件は町内在住または在勤の18歳以上であること。
お問い合わせ先にお気軽にご連絡ください。

【お問い合わせ】
川西町役場生涯学習課
電話番号0238-44-2843
川西町交流館
川西町大字吉田4690

こまつ☆んめもんプロレス開催まであとわずか

以前ご紹介しました「こまつ☆んめもんプロレス」(以前の投稿

10月7日、会場の羽前小松駅東側のエコスノードーム前広場へ出店店舗やリング配置場所等の確認のため、下見を行いました。開催まで1ヵ月をきり、このように着々と準備が進められております!

dsc02791_r

ここで、簡単にではありますが見どころ紹介!
その1 迫力満点の試合がすべて観戦無料!!
全3試合に計10選手が出場!タッグマッチもあります

その2 “んめもん”が堪能できる!!
芋煮、おもち、カレー、ドリンク類、他にも多くの〝んめもん″が味わえます!川西町3蔵による日本酒利き酒セットも販売されます。体験できるワークショップも出店。

その3  ちまるデザイン室より長岡夫妻も出店!
プロレスにちなんだ陶芸品(マスクマン?)が出るとのことです!
とても個性豊かな作品がずらりと…続きはちまるデザイン室Facebookで
maskman01

その他、詳しい情報は公式ホームページ&Facebookをご覧ください!
こまつ☆んめもんプロレス公式ホームページ
こまつ☆んめもんプロレス公式Facebook


【関連情報】
前日29日には、お隣長井市でローカル線プロレスが開催します。
29、30日は2日間、山形でプロレス三昧!
リンク https://www.facebook.com/wrestlertrain/

大塚パソコン道場(12/5更新)

一昨年、昨年に引き続き大塚地区パソコン教室「昼飯前のパソコン道場」を開催しています。(6月~11月までの隔週金曜日 全12回予定)

初めて参加される方や昨年から引き続き参加されている方、年齢も20代から70代までの幅広い世代の方々が受講されています。

今年は初心者中心の「Wordグループ」、経験者中心の「Excelグループ」の2班に分かれて指導を行っています。

 

【Wordグループ】
これまでに書式設定からイラストや写真の入れ方などの基本を学び、簡単な案内文書の作成、チラシ作成にチャレンジしました!四苦八苦しながら、次なる課題「年賀状作成」に向けて奮闘中です。
【Excelグループ】
これまでの講座で足し算・引き算・掛け算・割り算の四則計算の方法をマスター!次はExcelグループも年賀状作成!住所録と文面、宛名面を1つのファイルで作成する事にチャレンジしています。

担当:窪村 柚木

リンク 大塚地区交流センター


11月25日(金)の最終日は年賀状づくり。皆さん印刷しています。

dsc02890

その後、修了式が行われました。一人ひとり修了証が手渡されます。

ootsuka-shuryoshiki03

最終日は特別に大塚もち加工センターの美味しいおもちをいただきました!

ootsuka-shuryoshiki2

参加いただきました皆さん、大塚地区交流センターの皆さん、約半年間ありがとうございました!!

ちまるも参加!川西夏まつり 

8月7日(日) 川西町フレンドリープラザ駐車場を会場に「川西夏まつり」が行われました。
ちまるデザイン室は昨年と同じ『彩りダリア』(完成品はページトップ画像)と、

DSC_0229_R DSC_0224_R DSC_0232_R

「夏祭りで楽しめるもの・体験型」+「協力隊の活動を知ってもらう」ため、協力隊メンバーで企画した「射的」のコーナーも担当しました。

ちまるデザイン室には現在3名の猟師がいます。
狩猟での活動紹介、狩猟以外の私たちの活動の事をたくさんの方々に知ってもらう為、活動の中で出来た成果物を景品としました。

natsu02natsu03

当日、射的にはたくさんの子供たちが来てくれました!!コツをつかむとバンバン的に命中させる子供たち。(的を立て直す途中に何度か的として狙われましたが…。)

DSC_0245_R DSC_0223_R

当てた子も当てられなかった子も、参加してくれた子には参加賞としてお菓子が配られました。

DSC_0234_R DSC_0242_R

花火が始まるまでひっきりなしで、中には何度も足を運んだ常連さんもいました!楽しんでもらえたようで何よりでした。

DSC_0255_R DSC_0251_R
来年もまた皆さんが楽しめる企画をしていきたいと思います!

こまつ☆んめもんプロレス開催します!!

川西町の町報や街なかのポスターで見かけた方もいらっしゃるかもしれませんが・・・この秋、家族で楽しめるイベントが開催されます!

その名も、

 “こまつ☆んめもんプロレス”!!

◆日時:2016年10月30日(日)9:00〜15:00

◆場所:JR羽前小松駅東側
エコスノードーム前広場(荒天時:川西町中央公民館大ホール)

◆内容:観戦無料!家族で楽しめる産直プロレス
みちのくプロレスの選手が参戦!!

◆開催目的:
キーワードは地域還元!観戦を無料にして、多くの方に足を運んでもらいたいと考えています。
この企画を通し、町外には「川西面白いことするよ」と伝えたいし、子どもたちには「川西に面白いことする大人いるよ」と伝えたい。
子どもたちが今後、就職や進学でまちを出たとしても、川西に愛着を持って、自分なりに関わり続けたいと思ってもらえることを願い開催します。

◆主催「川西町をおもしゃぐする若者の会
このプロレス開催を機に立ち上がった団体です。
現在地元の若者に3名の協力隊(江本・久保木・窪村)を加えた10名で活動中(何か川西でおもしゃいごとしたいなぁ〜という方、一緒に活動してみませんか?

◆詳細な情報や今後の情報更新については下記HP等をご覧下さい。
こまつ☆んめもんプロレス公式ホームページ

こまつ☆んめもんプロレス公式Facebook

中郡地区パソコン塾スタート

今年度は小松地区・大塚地区に加えて中郡地区でもPC教室を開催しています。

その名も「中郡パソコン塾」。

毎週火曜日の18時〜20時、7月上旬までの期間限定講座です。

DSC02128

現在の目標は7月に行われる「中郡地区町民大運動会」のポスターづくり!

参加者のほとんどの方がWordの文書入力に慣れており、「写真をパソコンに取り込みたい、活用したい」という目標が多かったこともあって、交流センターの方と話し合い決まりました。

完成したら地区内の商店・飲食店に貼っていく予定です。

参加者はまだまだ募集中ですのでお近くの方でPC操作について学びたい方、興味のある方はぜひご参加下さい!!

お問い合わせは中郡地区交流センターみずほまで(0238-42-2643)

 


中郡パソコン塾 修了式

ちまるデザイン室Facebookより

5月〜6月の2ヶ月に渡って開催した中郡PC塾。

中郡PC塾ではWordで「地区運動会のポスターづくり」とExcelで「家計簿づくり」を中心に行いました。

7月無事修了し、本日は受講生の方々に打ち上げの会を開いていただきました!

PC塾時には話せなかった地域の話、お宝情報、郷土史などたくさんの貴重なお話を聞かせていただきました。このPC塾を縁に中郡地区の皆さんと今後さらに交流を深めていきたいと思います!

中郡地区の皆様ありがとうございました!

shuryoshikishuryo-uchiage

森のマルシェオープン!

5月14日、町の産直施設『森のマルシェ』がオープンしました!
ちまるデザイン室からは長岡義和・未実隊員の陶芸作品、民芸品を出品しています。

出店までの様子、創作活動の様子はちまるFacebookで詳しく紹介しています。

オープニングセレモニー 長岡夫妻の出店スペース

 

【店内の様子】※写真をクリックすると拡大します

店内の様子特産の豆もPR 豆の特設コーナー お花も売っています 味噌やドレッシングの加工品も充実 町の花ダリヤの手芸品も売っています

 

新鮮な産直野菜は・・・。午後に行ったところほとんど売り切れでした。
野菜のお買い求めは午前中がねらい目のようです。
店内入って左側にはレストラン・カフェスペースもありますよ~!

レストラン入口

タッチパネルで注文 おしゃれなBGMも流れています

 

ランチタイム(11:00~14:00)
その他の時間帯はカフェ・軽食タイムです。

かわにし森のマルシェ Facebook

開店時間:朝9時30分~夕方6時30分

オフサイトミーティング

3月22日(火)、川西町中央公民館にて役場職員向けの地域おこし協力隊オフサイトミーティングを行いました。

今回は川西町長、副町長、役場若手職員の方々に参加して頂きました。

*5月には新隊員の紹介も兼ねた活動報告会を改めて予定しています。

地域づくり担当6名、農業研修生1名、計7名の隊員一人一人の1年の活動の発表を行いました。

一年通して行った活動、そこで感じた思いなどを発表しました。

活動といっても隊員によって各自内容は様々。

 

江本一宏隊員

柚木大祐隊員

 

長岡義和・未実隊員 農業研修生 鎌田寿隊員

 

久保木崇隊員 窪村は現在話し中・・・

 


ホームページでの情報発信ー1年を通してー

今年度の反省点ですが、更新が滞ってしまったり、内容ももう少しわかりやすく伝えられたのではないかと思いました。

また、ホームページでまだまだ紹介しきれていない活動がたくさんあります。

来年度は活動の範囲を広げ、より情報を濃く、リアルタイム*に、多くの活動の様子を紹介していきたいと思います。

*よりリアルタイムな情報はFacebookでも発信中!


来年度からの協力隊

3年目(最終年)に入る隊員が年度途中からも出てきます。川西町への定住や起業のために今まで以上に地域の皆様と深く関わっていく活動や場面が増えていきます。その際は叱咤激励含め、応援していただければ幸いです。

 

また、新たなメンバーとして玉庭地区と吉島地区で研修を受ける農業研修生3名、故井上ひさしさんから寄贈された蔵書がある遅筆堂文庫専属の隊員1名が増える予定です。

来年度は計11名で活動してまいります。

引き続きよろしくお願い致します!!