陶芸日誌(11月〜12月編)

【以前の投稿】※クリックしてご覧下さい

陶芸日誌(5〜6月編)

陶芸日誌(7月編)

陶芸日誌(8月編)

陶芸日誌(9月編)

陶芸日誌(10月編)


11月19日【 粘土作り 石臼編 】

今まで、10センチ程の小さな木槌で土を砕き、乳ばちでゴリゴリしていました。
今回、岩崎石材工業株式会社の常務取締役 岩崎智成さんのご好意により、特注で石臼を作って頂くことになりました。これで、作業がスピードアップです。
石臼は全て機械作りかと思っていたのですが、大まかな部分は機械で、後はすべて職人さんの手作業になるようです。驚きました。職人仕事というものは、素晴らしい文化なので長く大切にしていきたいと思いました。

 川西町にも、大工さまを始め、色々な職人さんがいらっしゃいます。そんな方々にもお会いし、地域の事を話して行きたいと思います。

素晴らしき職人さん

 

 

11月20日【 玉庭地区特産品作り 】

春に山で掘って来た粘土を*泥漿(でいしょう)にし、カゴに布を敷いて流し水を切ります。
雪になる前に干して使いやすい固さにしてゆきます。

*泥漿…粘土と水を混合状態にしたもの。

トロトロで美味しそう。 干していたら雨降りに、そそくさとガレージにしまいます。

 

 

11月20日【 粘土作り 石臼編 】

米沢にある岩崎石材さんにワガママを聞いて頂き特注で作って頂いている粘土作り用の石臼。
職人さんの手仕事、長年の勘で丸く丸く彫って下さっています。
私も岩崎さんも同じ地面の中から生まれるものを相手にしている事もありお話ししていてもなるほどなお話しばかりでとっても楽しく嬉しい気持ちになります。
岩崎石材さん、ありがとうございます!

Facebookでは動画を紹介しています(11月20日投稿部分をご覧下さい)

動画はちまるFacebookにて公開中

11月26日【物づくり大忙し!!】

来月に、陶芸教室の納品作品がある為、窯を焚かなければいけません。
窯を満タンにするよう物作り中。
うはー!全然間に合わないー!

量産中! マグカップ 玉庭特産品、勝手に試作。

 

11月29日【雨が降る前に…」

依頼の品、素焼き中。
雪の降る前に焼成しなければならない依頼されていた品を素焼き中。
雨が降り出しませんように…。

素焼き中 窯から火が上がります

 

 

 

 

11月30日【燻製】

注文頂いた商品、本日は本焼き。
納品無事に間に合いそうです。
窯に籾殻をぶち込んだら昔のアイドル並の白煙…。
燻製出来そう。

白い煙がもくもく・・・

 

 

12月2日【粘土づくり 石臼編】

本日、米沢市の岩崎石材工業さんにお願いしていた石臼が搬入されました!お餅をつく石臼とは違い、陶芸用に設計していただきました。専門家の色々なアイディアを詰め込んで頂いた特別な石臼になりました。
これから、臼のアールに合う様に杵を自作します。
私達のやりたい事を理解し、特注で沢山の工夫やアイデアを加えて作って下さった岩崎石材工業さん、ありがとうございます!

JAMのロゴマークにピアノ 箱にもロゴマーク。 ピアノといえば赤いフエルト。 素敵なライブスペース。

 

 

12月3日【 粘土作り 石臼編 】

本日、米沢市の岩崎石材工業さんにお願いしていた石臼が搬入されました!お餅をつく石臼とは違い、陶芸用に設計していただきました。専門家の色々なアイディアを詰め込んで頂いた特別な石臼になりました。
これから、臼のアールに合う様に杵を自作します。
私達のやりたい事を理解し、特注で沢山の工夫やアイデアを加えて作って下さった岩崎石材工業さん、ありがとうございます!

大人2人でも重い!! 粘土づくりが楽に!!

 

 

12月8日【玉庭地区の粘土での特産品づくり〜 勝手にサンプル作り 〜】

願い思いや題材になる動物や物、風習や祭事、伝説など玉庭にまつわるのアイデア募集中!
玉庭で掘った粘土を使用してまずは玉庭の方々の願いや思いを込めた郷土玩具を作ってみよう!ということになりました。ゆくゆくは玉庭地区の皆さんと私達で農閑期の手仕事やお年寄りの手仕事の一つとして長く長く続けて行けるようにしていきたいという思いで始めたこのプロジェクト。只今玉庭地区の皆さんにアイデアを募集中ですが、ちょうど窯をたてなければならない時だった事もあり、フライングで勝手に願いや思いを込めてサンプル作成。
本来は素焼きの陶器に日本画で使用する和絵の具を使用するのですが、今回はアクリル絵の具で。

 

【えじこ猿】五穀豊穣・家族円満
玉庭では嫌われ者の猿をえじこに閉じ込める事で五穀豊穣を祈ります。
猿は群れで生活するという習性から家族円満の願いも込めて。
エジコとは(嬰児籠)は藁などで筒状にしたもので他には木や竹製のものもあり、世話が出来ないときに赤ん坊が這い回らないようにする育児用の篭。

顔を書く前… えじこ猿

 

【かぼちゃ猿】無病息災・厄除け・呆け封じ
冬至に食べるかぼちゃには厄除けの意味がある事から無病息災と厄除けにも。
玉庭の猿はチームワークが良く、知恵がありネットを張った畑ではネットの中から仲間の猿に野菜を投げて盗んでゆくのだそうな。
ということで、知恵の神様や呆け封じに。

かぼちゃ猿 お尻はこんな感じ

 

【長岡未実・長岡義和】


ちまるFacebookはこちらから↓

FB_FindUsOnFacebook-320

他にもたくさんの写真や情報を掲載していますのでぜひご覧下さい

陶芸日誌(10月編)

10月1日(木)“吉島陶芸教室、無事終了”

全5回吉島陶芸教室が無事に終了しました。
今回は最後という事で電気窯で*焼成する陶器を自由に作ってもらいました。
5回目という事もあり、粘土にも馴れて皆さん思うように作れた様で作品も豊作です。
皆さん、慣れない私達の指導で苦労された事と思いますが楽しんで頂けたでしょうか?
吉島センターの皆様、度々お手数をお掛けしましたが暖かく見守って頂きありがとうございました!
またこの様な機会を頂きありがとうございます。

tougei30-1 tougei30-2 tougei30-4

 

10月3日(土)“本焼きまで準備万端”

電気の工事が無事に終わり、本焼きが出来る様になったので、釉掛けです。
月曜日には本焼きスイッチオンの予定。
上手く焼けると良いのですが…。

tougei32

 

10月7日(水)“窯詰め、本焼き、テストピース焼成”

本日、東北電力の電気工事検査です。
先日、間違えて付いていたブレーカーを交換工事して頂き、本日東北電力の検査後に本焼き入ります!
吉島の子ども達の陶芸作品と黒川子供会の陶芸教室の作品、春先に作った友人の作品に玉庭と犬川で採取した粘土のテストピースが入っています。
本焼きは初窯になるのでワクワクドキドキ!

tougei33-1 tougei33-2

 

*写真右…テストピースは採取した場所に呉須(コバルトから出来た顔料)と鉄で線を書き半分は釉薬を塗ってあります。

10月8日(木)“作品鋭意製作中!!”

地区の文化祭(犬川)が11月8日にあります。
作った作品を発表したいという依頼だった陶芸教室。
次の窯を焚くには物が足りない…。
今日から6次産業販売拠点の森のマルシェで販売する物を超スピードで作って窯をたてなくてはなりません。

tougei34-1 tougei34-2

 

10月13日(火)“玉庭秋まつり〜ワークショップに向けて1〜”

川西町玉庭地区の収穫祭でワークショップの依頼をうけました。
体験料は取って良いそうですが子供相手でお祭りの最中、あんまり高くは出来ないので安くて手軽に出来る体験を思案中。
試作品、何となく作ってみたけれど…。
おじさん型ボタン。鼻の穴がボタンホールになっています。
私が作るとどうしてもおかしな方向へ行ってしまう。

助けて!

tougei35-2

 

10月16日(金)“玉庭産粘土で焼成テスト”

春に玉庭地区で採取した粘土の焼成テストの結果。
1230度の温度に耐え無事に焼きあがりました。
本日午後はこの粘土を利用した、特産品として何を作ってゆくのかを話し合いします。
今年度中にある程度の形になる様に方向性を決めて行きます。

tougei36

 

“土と灰が届きました”

発注していた土と灰が届きました。
締めて10万円也。
陶芸をしていない人には価値は分からないただの土と灰。
えらい量の土の山。これもそのままでは使えません…。
これから私達は爪に火を灯しての生活に入ります。

tougei37

 

10月23日(金)“玉庭秋祭り〜ワークショップに向けて2〜”

川西町は最近朝は霧もやけ。
午前は作業途中の陶器も干せないので明日の素焼きに向け朝は窯詰め。
お天気の良くなってからは外での作業。
粘土作りに、玉庭秋祭りのワークショップの下拵えです。

tougei38-1tougei38-3

 

 

 

 

 

*写真左…吉島陶芸教室の作品と玉庭ワークショップや森のマルシェに向けた物作り。

*写真右…こちらはゴムの髪留めにも、ペンダントトップにも大きいけれどボタンにもなる物に絵付け体験をしてもらう予定。

10月26日(月)“玉庭秋祭り〜ワークショップに向けて3〜”

玉庭地区センターから依頼を受けた秋祭りでのワークショップ、絵付けバージョン。
サンプル作りと、色見本。
これに釉薬を掛けてもう一度焼きます。
あ!運ぶ用の箱、無いと無理だ!
子供達でも出来る事ってムツカシイ。

tougei39

10月28日(水)“本焼き開始!!”

釉薬掛けてようやく本焼き開始です。
吉島の陶芸教室の作品と玉庭ワークショップのサンプル、その他色々入っています。
一週間後が楽しみです。

tougei40

【長岡未実・長岡義和】


【以前の投稿】

 

tougei8-2

 

・陶芸日誌(5〜6月編)はコチラから

 

 

tougei9-4

 

・陶芸日誌(7月編)はコチラから

 

 

tougei26-5

 

・陶芸日誌(8月編)はコチラから

 

 

tougei28-4

 

 

・陶芸日誌(9月編)はコチラから

 

 


ちまるFacebookはこちらから↓

FB_FindUsOnFacebook-320

他にもたくさんの写真や情報を掲載していますのでぜひご覧下さい

陶芸日誌(9月編)

9月7日(月)“陶芸用電気窯 我が家へ”

待ちに待った陶芸用電気窯の納品です。
残りの組み立ては現地で。
思っていたより大きくて気が引き締まる思いです。
頑張るぞー。

tougei27-1 tougei27-3 tougei27-5

 

9月8日(火)“電気窯導入〜初窯で素焼き〜”

電気窯がようやく入ったので初窯は陶芸教室の素焼きです。
電気容量が足りない為、ブレーカー落ちるかも…。
爆発せずに無事に焼ける様に祈ります…。

tougei28-2 tougei28-3

 

9月9日(水)“電気窯でテスト”

川西町で採取し精製していた粘土を電気窯でテスト焼成する為のテストピース作り。
テストピースは長さ5センチで成形し、生→乾燥→素焼き→本焼きまでの収縮率も計ります。
乾かして、素焼き(800度)をし鉄絵と呉須の線を引いて透明釉を掛けてもう一度本焼き(1200度)します。
焼成時に溶けたり、溶けるだけでなくぶくぶく膨れたりして窯を壊す可能性があるのでテストピース用の器も同時に作ります。

tougei29-1 tougei29-2

 

9月16日(水)“テストピース、電気窯でテスト”

春先から掘っていた粘土のテストピース。
様々な質感や色です。
100%と市販の粘土を混ぜた50%と作って電気窯でテストします。
溶けずに残ってくれると良いのだけれど。

tougei30-1 tougei30-2

 

【長岡未実・長岡義和】

 


【以前の投稿】

tougei8-3

 

・陶芸日誌(5〜6月編)はコチラから

 

 

tougei9-4

 

・陶芸日誌(7月編)はコチラから

 

 

tougei26-5

 

・陶芸日誌(8月編)コチラから

 

 

・陶芸日誌(10月編)はコチラから

 


ちまるFacebookはこちらから↓

FB_FindUsOnFacebook-320

他にもたくさんの写真や情報を掲載していますのでぜひご覧下さい

陶芸日誌(8月編)

8月8日(土)“吉島地区陶芸教室〜見本作り〜”

吉島地区のスキルアップ陶芸教室に向けた見本作りが続きます。
ステファン流楽焼簡易窯での焼成。
簡易窯の焼成でもここまでの物が出来上がります。
焼成だけなら半日で完了。
楽焼のフットワークの軽さは陶芸の火を使うという醍醐味を味わうにはもってこいです。
火を見ているだけで神聖な気持になりますよ。

tougei20-1 tougei20-4

 

8月22日(土)“電気窯導入へ向けて電柱設置”

自宅に陶芸の電気窯を入れる為、電気の容量変更をお願いしたら、
大家さんの敷地内に電柱を建てなくてはならないという大工事になってしまいました。
電柱を建てる穴を掘ると粘土が出てきてまるで備前焼の様な粘土。
電気屋さん曰く粘土なら工事する度沢山でるよー!
全部持ち帰って廃棄するんだーとの事。
廃棄するものを利用するのは何か良いかも…と思いつつ、量が凄い事になりそうで怖い。
電気屋さんの社長さんともお近づきになれた良い一日。
夕方からは玉庭で仲間たちが行う空き家改修に参加。
ピザの生地もプクプク良い感じです。

tougei21-2 tougei21-1

 

8月24日(月)“玉庭で採れた土で粘土づくり”

玉庭地区での山土を利用した特産品作り。粉砕→フルイ→水簸→乾燥を経た粘土第一段が出来ました。
寝かせて使用する物と使う物に分けて使う方はもう少し水分を飛ばします。

tougei22-1

8月24日(月)“吉島地区陶芸教室〜素焼き〜”

本日は焼きの第一段階の素焼きです。
急いで焼き過ぎると爆破するので、気持ちを抑えてゆっくり焼きます。
無事に爆発はせずに終了しました。
次回は本焼き、釉薬を施しての焼成。
出来上がりが見れる最高の瞬間、楽しみです。

tougei23-4 tougei23-5

 

8月29日(土)“秋の風物詩!芋煮の器づくり”

本日は私達が住む山形県川西町下黒川地区の子供会での陶芸教室。
お題は芋煮会の器。山形ならではのお題。
同じ地区の方からのこういう依頼を頂けるのは本当に嬉しい事です。
皆様に楽しんで頂ける様にあれこれ考え準備します。

tougei25-1 tougei25-2

 

8月31日(月)“吉島地区陶芸教室〜楽焼完成!”

本日4回目で本焼きです。
作るところから出来上がりまでを体験して頂くプログラム。
4回目で楽焼作品完成しました!
初めてとは思えないクオリティの高さで、皆さんご満足頂けた様で良かったです。
作品の出来も良く、せっかく頑張って素敵な作品が出来たので収穫祭で展示発表する事になりました。

tougei26-1 tougei26-4tougei26-5

 

【長岡未実・長岡義和】

 


【以前の投稿】

tougei8-3陶芸日誌(5〜6月編)はコチラから

 

 

 

tougei9-4陶芸日誌(7月編)はコチラから

 

 

 

陶芸日誌(9月編)はコチラから

 

陶芸日誌(10月編)コチラから


ちまるFacebookはこちらから↓

FB_FindUsOnFacebook-320

陶芸日誌(7月編)

7月3日(金) “特産品づくり第2弾!”

玉庭特産品づくり試作第二弾。

インターンシップで四方山館に来ていた玉庭の中学生や玉庭在住の陶芸家の方、今年春まで同じく協力隊だった吉田くんも飛び入り参加。
沢山の方に協力して頂き今回は玉庭名産のむくり鮒の箸置きのお題に取り組んで頂きました。
個性豊かな作品に中学生の無垢な発想で楽しい試作会になりました

tougei9-1 tougei9-3 tougei9-4

7月10日(金)“ちまる工具で作業板カット”

陶芸教室で使う作業板のカットと次回の玉庭特産品の焼成に向けて近所の大工様に分けて頂いていた廃材をカットし薪に。
ちまる工具大活躍です。

tougei10-2 tougei10-4

7月13日(月)“猛暑に負けず窯づくり”

アメリカン楽の簡易窯作り。
金曜日の玉庭特産品づくりの試作テストに合わせて一基完成させます。
猛暑の中でゴーグルと防塵マスクは苦しいですが金曜日は雨の予定。
どうなる事やら。

tougei11-1

7月15日(水)“粘土掘りへ

同じ部落のとてもお世話になっている方に、うちの山で粘土取れるから今度案内するよー。とお声掛け頂き近所の山に粘土を堀りに。
お隣の長井市今泉にある土管を作っている方がちょうど山に粘土を堀りに来ていらっしゃった為、ショベルカー?でついでだからと掘削までして頂きました。
間近でみるショベルカーは凄い迫力であっという間に粘土の山です。
土管やさんの社長さんともお会いして、見学に行く事に。
近いうちに時間を見つけて行ってきます!
なんだか幸せだなーと思う今日この頃でございます。
tougei12-1 tougei12-2

7月16日(木)“簡易窯、初号機完成”

ステファン流アメリカン楽焼簡易窯ようやく初号機完成です。
作ってみると足りないものや分からない事が沢山で試行錯誤でなかなか進まない作業。
これから弍号機、参号機と製作が続きます。
明日17日がお天気なら出来立てホヤホヤのステファン流簡易窯を使用した素焼き焼成を午後から玉庭センター四方山館で行います。
雨なら玉庭産粘土で試作品製作を行います。
御興味のある方は気軽にお立ち寄り下さい。

tougei13-1 tougei13-3 tougei13-4

7月17日(金)“いよいよ陶芸教室スタート”

明日の陶芸教室に向けての下準備。
陶芸はしていたものの教室は初めての経験。
教室をしている知人に助言を頂いたりで、ようやく無事に開催にこぎつけました。
ドキドキしますがせっかく頂いた機会です。
楽しい会になる様頑張ります。

tougei14-2 tougei14-3

7月17日(金)“試作品を素焼きしました”

本日、簡易窯での試作品素焼きしました。
囲炉裏の火つけマイスターに来て頂き本日無事に窯焚き素焼きを完了しました。
次回は本焼き、無事に焼けますように!

tougei15-1 tougei15-2

7月19日(日)“吉島地区で陶芸教室”

18日は私達の初めての吉島地区わんぱくキッズでの陶芸教室。
20名の子供達に数名の大人の方が混じっての開催となりました。
慣れない私達の指導でしたが、センターの皆様のご協力もあり、子供達は楽しんでくれた様子。
秋の発表会に間に合うように頑張って焼かなくては!

tougei16-2 tougei16-3 tougei16-4

7月21日(月)“陶芸教室に向けて粘土づくり”

来週月曜日から始まる吉島地区センタースキルアップ陶芸教室の為の粘土製作。
乾かしてステファン窯で焼成。全部で6種類。
どれが一番いい感じになるのか楽しみです。

tougei17-1tougei17-2

 

 

 

 

7月24日(金)“本焼き無事、焼成しました”

玉庭特産品づくり
本焼き焼成致しました。
無事溶ける事無く焼く事ができました。
次回も引き続き本焼き焼成。
今後の方向性についても考え話し合いを致します。

tougei18-1tougei18-4

7月27日(月)“吉島地区で楽焼体験”

吉島地区でのスキルアップ陶芸教室。
本日は手捻り輪積み成形での製作です。
楽焼体験。
全5回で製作、素焼き、施釉、本焼きまでを行います。
完成を楽しみに次回8月10日も製作が続きます。

tougei19-1 tougei19-4 tougei19-6

 

【長岡未実・長岡義和】


・陶芸日誌(5〜6月編)はコチラから

・陶芸日誌(8月編)はコチラから

・陶芸日誌(9月編)はコチラから

・陶芸日誌(10月編)はコチラから


▼ちまるデザイン室のFacebookはこちら

FB_FindUsOnFacebook-320

他にもたくさんの写真や情報を掲載していますのでぜひご覧下さい

陶芸日誌(5〜6月編)

5月11日(月) “粘土採取スタート”

玉庭地区の派遣活動が金曜(5月8日)から開始しました。
山へ分け入って粘土を採取。
私が採った土は石ころだらけなので先ずは水簸(すいひ)しています。
手で取れる大きな石ころは取り除きました。
うまく粘土になるといいですね。

tougei1-1 tougei1-7

 

 

 

 

 

5月11日(月) “粘土作り①”

粘土になりそうな土の塊も丁寧に潰してきな粉のように。

水を混ぜて寝かせて陶器になるかテストする予定。

地道な作業です。風がなく今日は作業日和。

tougei2-1 tougei2-4

 

6月2日(火) “粘土作り②”

今日は根気を出して頑張ったー!アイスが旨い。

tougei3-1

 

6月17日(水) “新緑に囲まれて”

玉庭特産品づくり、今日は粘土がある場所教えるよーと言う事で気持ち良さげに走る

バイクに先導されながら山へ。

お蔭様で凄く良い粘土獲れました。更にもっと良い粘土ポイントもあるらしい。

若葉の美しい季節。
山形の緑は素晴らしい。


熊に会うのは怖いけれど、山や自然と触れ合うのは幸せです。

突然お邪魔したにも関わらず快くご案内して下さりありがとうございました!

tougei4-1 tougei4-3

 

6月18日(木) “歴史を感じる”

下小松古墳群と同じ丘陵地の粘土がある場所へ。またまた違った雰囲気の粘土が
取れてテストするのが楽しみです。
こちらに住み始めてからずっと気になっていた川西町埋蔵文化資料館へ。
発掘された生の文化財に直に触れる機会はなかなか無い経験で緊張と興奮で
ブルブルしました。今秋には窯跡の発掘も有るそうで今からワクワク。
毎日、沢山の方々にお世話になりながらこちらで暮らして丁度半年。
この地との出会いと、この土地の方々との出会いに感謝する毎日です。

tougei5-1

tougei5-2

 

6月22日(月) “楽焼用簡易窯の試作①”

陶芸教室で使う楽焼用簡易窯の試作をしています。
電動ドリルでネジ穴を開け、金属鋏で切り抜いて仮組み立て。
まだまだ完成までは行きませんがなんとなく形になってきました。
慣れない金属鋏は手が痛くなります。

tougei6-2 tougei6-3

 

6月25日(木) “楽焼用簡易窯の試作②”

アメリカン楽焼 ステファン流の簡易窯製作。
ステンレスのカットに手こずりようやく形に。
あとは、防熱用の分厚いブランケットをカットして、留め金と
ステンレス針金を使用し固定します。
身体に悪い繊維なのでマスクとゴーグル必須です。

tougei7-1 tougei7-5

 

 

 

 

6月26日(金) “四方山館で特産品づくり”

玉庭の土を利用した特産品製作。一回目のテストピースづくり。
まずは玉庭の土100%の土での試作。
今回は土がきちんと焼けるか分からないという事もあり少人数で。
これから上手くゆけば地区の方々にも気軽に参加して頂ける形で
開催出来るようにして行きたいです。
土は何を作る訳で無くても癒されるので皆様に楽しんで感じて頂ければと思います。

tougei8-1 tougei8-2

 

【長岡未実・長岡義和】


・陶芸日誌(7月編)はコチラから

・陶芸日誌(8月編)はコチラから

・陶芸日誌(9月編)はコチラから

・陶芸日誌(10月編)はコチラから


▼ちまるデザイン室のFacebookはこちら

FB_FindUsOnFacebook-320

他にもたくさんの写真や情報を掲載していますのでぜひご覧下さい