名刺印刷は活版所

山形県川西町の隣町、米沢市でふらふら歩いていたら活版印刷所「伊藤活版所」を見つけ、仕事をお願いがてら、ちまるデザインの面々でお邪魔し仕事場を拝見させてもいました。

現在の社長で4代目らしく、先代のお話をきくとどうやら米沢だけではなく置賜地域から仕事がきていた様子。
当時の仕事は神社のお札、映画の興行チラシ、行政文書、JR米坂線の設計資料、展覧会のポスター、選挙ポスター、蔵王の観光ポスター、本など、ありとあらゆる情報媒体が印刷所をとおり世の中に出ていたみたいです。おのずと、そこで働いている人たちも知識・教養が高かったそうです。ちなみに今のおやじさんの趣味は写真と車。

工場の中を歩くとインク油の匂いが漂い、漢字、ひらがな、カタカナの版、屋号、家紋の版、挿絵の版が頭を超える高さまで並び、開けたスペースに大中小と印刷機が設置されています。
小さいのはハガキと名刺、中くらいはチラシや書類、大きいのはポスターや面付けして印刷するときに使うようです。
この大きな印刷機は『日本中探してもなかなか無い!』とおやじさんは豪語しており、自慢の機械の様です。
いつか使っているのを見せてもらいたい。

おやじさんの机は細かく四角や三角に区切られ、細かい材料をとりやすく工夫されています。
伊藤活版所に昔は鋳造機があったらしく、足りなくなった版、もってない版は母型に鉛を流し込み作っていたようです。(7枚目の写真が母型)おやじさんの最大の自慢は「誤字脱字がない本」を作ったことだそうです。『職人も人の子』本の様に文字が多いものを組むときは必ず間違いが出てしまう。そのために3年も校正にかけたと言っていました。
なんだかすごいことをやってのけてます。

 

夜の町中

夜の町中

夜の町中

夜の町中

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の目的はちまるデザインの名刺をお願いすること。

置賜地方の和紙「深山和紙」をせっかくなので名刺に使いたいなぁと考え、色んな印刷屋さんに聞いてまわるものの和紙の毛羽立ちで『なかなか難しいねー』と言われていた所で丁度見つけた伊藤活版所。
おやじさんに言わせれば、和紙の名刺は『問題ない』とのこと。おこがましくも、版も組ませてもらえないかとお願いすると一緒にやらせてもらえることになりました。『暑いうちはインクが乾かないから、涼しくなったらおいで』ということで秋になったらちまるデザインの名刺が完成いたします。乞うご期待!

 

みなさんも名刺のご注文は伊藤活版所へ!(100枚/¥4000

 

夜の町中

夜の町中

夜の町中

夜の町中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA