冬を越えて

年が明け、いつの間にか今年も4分の1が過ぎてゆこうとしていますね。

冬のお話をちょっとだけ。

雪のふかい、この町。

秋を見送る隙も無く、やんやと収穫祭などをして、
冬を迎えました。

今回の雪は、ここで長く暮らしている人でさえ
「十数年に一度の降り方だったね」
と驚きつぶやいてしまうほどの積雪だったようです。

冷え症のみなさん、よく乗り切った。自分を褒めよう。

「窓に雪が吹き付けたら、3日は寒波が続く」
という、おばあちゃんの知恵も伝授され。

なんだかレベルアップした気分です。

さて、

年度末です。

冬を背に、そう、春がやってきます。

花粉はもうびゅんびゅん飛んでいるようで、
花粉症のわたしは、目がしぱしぱ、花がむずむずとする季節
ちりがみとマスクが手放せない。

それでもまだ、冬に除雪して積み上がった雪山が溶け切っておらず
そして、夜はやっぱり少しだけ肌寒いような。

川西の春はもうすこし先みたいです。

焦らすなあ。

だけど日中は、上着も必要ない位の暖かさになってきました。

関東の方ではもう、桜が散り始めているそうですね。
「Tシャツでも過ごせる」なんて声も耳にしました…(ほんとかな?)

町に桜の花が咲いたら、またカメラを持って出かけてみよう。

写真は、紅大豆Ⓡの収穫・選別、収穫祭のときのものを。

雪がふかい日は、手がかじかんで、シャッターを押せないのです。
という言い訳です。

来年こそは、まっしろな冬景色をカメラに収めるからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA