春と桜と白鳥と

こんにちは。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 

川西町はというと、

ついこの間まで雨の日が続いていましたが

週末は半袖でもじゅうぶんな程のお天気に恵まれました。

 

つくしもむくむくと顔を出して

春、本番!という感じ。

桜もすでに葉桜が目立つほどになってきております。

今年はどこも、昨年より1~2週間ほど早い開花だったようですね。

 

春と秋が短い山形では

この、桜が咲いて散るまでのひと時が

なんとも儚く、そして愛おしく思えるのですね。

 

町の農家さんのお話によると

既に種まきが始まっている所も出てきており、

桜が散るのと同時に

”ヨーイ、どん!”

で、ぱたぱたと忙しい日々がやってくる予感。

 

なんだか、そわそわしてきます。

冬眠している動物たちも、こんな気持ちでしょうか?

 

そわそわ。

 そうそう、話は遡りますが

 

桜が咲くすこし前、

白鳥の群れが北上していく所に遭遇しました。

白くぽつぽつと居るのが白鳥たちです。わかるかなあ。

雪解けの田んぼに浮かぶ餌(稲の落穂とかを食べます)をねらって

毎年、「きゅい~」という鳴き声と共にやってくるんだとか。

 

また来年、会えるかな~。

会えるといいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA